« まためぐり会えたら | トップページ | 明日はファンドレ先行日ですよ! »

『~ゆめゆめこのじ』ネタバレ感想文(長文)

Ca330913






 


『~ゆめゆめこのじ』いよいよ終演。
冷めないで夢~って感じです。

千秋楽おめでとうございます。(^_^)
皆様、お疲れ様でした。

平日の楽は観られないから残念なんだけど。
でも、いいの。
心の中があったかいから、今。(笑)

今回のキャスティングを見た時に、
”うれしい”
って、単純に思ったのです。

ドレメン+窪寺くん

「BIRTHDAY」以来、
5人が揃って舞台に立つところが見られる訳です。
西田さんと
佐久間さんと
雅和さんと
良子さんと
窪寺くんが
お芝居をしている
それだけでね、うれしくて涙が出そうだった。

以前、殿にもご本人にもお話ししたことがあったんだけど、
私がアンドレを知ったきっかけは窪寺くんな訳でして・・・
出会ってしまった「これぞ真のお芝居」。

殿が描いた世界を表現するドレメン。

心をぎゅっとつかまれる

そんな感覚は初めてでした。
それなのに、あなたがいなくなるなんて。(涙)

だから すごく うれしかったんだよ。


以下ネタバレを含む感想文です。(長文)
毎度の事ながら、私個人的感想なので、
ムカッときたり、
「アホ!」と、思っても責任は負えません。(笑)

女優陣の髪が日本髪でした。すごい素敵なの!
真知子さんが終わってから出てきた時に、
ボブくらいでびっくりしました。
あの長さでも日本髪っぽくなるのに感動です。
そのために、早くから劇場入りされていて・・・
とっても似合っていて素敵でした。(^_^)

COROSイケメンズ@ドレメン(笑)
私が見たのは、岩崎くん、伊藤くん、一内くん、洋二郎くん、WSの彼。
豪華な斬られ役軍団です。(笑)
おばちゃん、見たことないよ。>洋二郎くんの斬られ役。(笑)
けっこう好きなのよね~。>悪い顔@岩崎くん
伊藤くんは斬られるの上手い!と、思いました。

Tシャツ販売員でも大活躍でした。(笑)
まんまと買ってしまいました。(爆)

土曜日は、岩崎くんにおつりを間違えられそうでした。(笑)
日曜日は、一内くんにおつりを間違えられそうでした。(笑)
数学じゃなくて算数の勉強をした方が、いいかもしれません。(笑)

今回の小道具は岩崎君だそうで。(^_^)
刀の鞘がちゃんとしてあって近くで見ても違和感ナッシングでした。
小道具の色が黒に統一してあったように思ったんだけど、どうかしら?
ブログで小道具写真アップされるのを期待しようと思います。

出雲@村田雅和さん
すべてを見届けていたのはあなたですね。
水狼花姉さんのあの事件がなかったら、秋雪に言えてたのかな。
なんて、後で思いました。
そんな切なさの残る出雲さんです。
ちょっとお顔が戻っていて安心しました。
すごくお痩せになってたから心配してたのです。

坂本龍馬@児島功一さん
登場からおもしろ過ぎませんか?(笑)
めちゃめちゃ弾けていて、良子さんの狙い、ビンゴ!です!
新しい龍馬像を見せて頂けたのがうれしい。
なんと言いましょうか、on・offの違いに驚かされる児島さんです。
おりょうとのケンカのシーンが大好きなんですけど。
すごく素敵な俳優さんだな~って、また改めて思いました。

おりょう@千代さん
もう~、「なんて天才なんだ!」って、思いました。
イタイ子の時も「なんてかわいいんだ!」って思いました。
お相撲さんシーンはずっと爆笑です。
土方に香海太夫のお話をしている時、素敵でした。

桂小五郎@窪寺くん
汚いのにかわいい。(笑)
にゃー語はとってもかわいかったんだけどなぁ。(苦笑)
ぶち切れシーンは、かなり笑わせて頂きました。
おっかしかった~。
最後のね、香海太夫を殺らなければないらない時のあの表情とか、
すごく伝わってきた。
舞台ではしばらく見納めなのかな~と、ちょと淋しくなりました。
また、いつか劇場で、しかも舞台に立つあなたに会いたいです。

香海太夫@後藤藍さん
アンドレ作品の藍さんしか存じ上げませんが、声が大好きなの。
もちろん、女優さんとしても大好きです。(笑)
舞も素敵でした~。
小五郎を守るところも、土方の腕の中で逝ってしまうところも、
涙なしではいられなかった。

中岡慎太郎@松尾耕さん
あのいい加減具合が良い!
あのキャラは観てるのは良いけど、近くにいたらイヤだな~。(笑)
龍馬の誕生日に告白するシーンは何度観ても涙でした。

水狼花太夫@中村真知子さん
素敵!素敵過ぎる!!
水狼花姉さんの粋な感じが好きです。
「私はなんのために・・・」で「そうだ!そうだ!」
と、心の中で叫んでいました。
色っぽくって、おもしろくってホント素敵過ぎます。

西郷隆盛@佐久間祐人さん
まさか、お相撲さんでくると思いませんでした。(笑)
おりょうさんとのシーンは大爆笑。
あの歌が気になる。(笑)
そして、犬を連れてる理由に爆笑です。
とっても佐久間さんらしい西郷さんです。
私は大好きですよ。
愛おしいな~って思いながら観てました。

中村半次郎@村岡大介
お初にお目にかかりました。
とってもね、かっこかわいいです。(笑)
ちょっとコレには、出待ちに色々あったので、
(笑)がついちゃいます。
照れるところとか、焦っちゃってコケるところは、
とってもラブリー。
西郷さんのために生きていて献身的。
すごくそれが伝わってくる半次郎さんでした。
殺陣が素敵!
殿とのシーンは圧巻でした。

土方歳三@西田さん
超かっこいいの。
バッサリと桂小五郎を斬った時から、もうね、こりゃダメだったね、
メロメロで。(笑)
ぶっちゃけ、見過ぎて物語が飛んじゃってる回がありました。(爆)
なんだか久々に見る気がする殺陣シーン。
穴開くほど見つめてしまいました。(笑)
背負ってる物がちらっと見えて、とっても切なかった。
ぜひ「堕天・神殿」再演して頂きたい。
おゆきとの最後は涙なしでは見られなかったです。

秋雪@良子さん
女性らしい中にも凛とした強さのある女性。
いつもとは違う良子さんにドキドキしたの。
もう、なんて良い女優さんなんだろ~。ホレボレ~♪
「ふふ~ん、同じブロガーだもんね~♪」
と、ちょと得意になりそうでした。(爆)
そんなことは置いておいて・・・
龍馬は秋雪の「ゆめ」。
「うたたね」のシーンがとっても好きです。
振り向くといない龍馬。
届かない想いが、とっても切ない。
良子さんの台詞が
とてもとても素敵で
涙でお顔がにじんでる・・・

秋雪の最後の台詞
「夜明けがある」
は、とっても強くて光が見えて。
すごく好き。
お話しした時も「希望のある終わりにしたい」って、おっしゃっていて。
良子さん!感じましたよ!(^_^)


舞台は幕末の京都 遊廓。
廓の中の遊女が志士達と織りなす物語。
ここでは遊女を「ゆめ」と呼ぶ。

物語は二つの大きな出来事で構成されていて、
一つは薩長同盟
一つは坂本龍馬暗殺

「ゆめ」たちの恋の路
「ゆめ」たちの「夢」
おもしろくて
切なくて
愛しくて

女性視点の幕末。
恋の路をゆく女性が動かした幕末です。
「ゆめ」と想える恋しい人は心にいながら、
別の人を受け入れた振りをする。
なんだかとっても切ないのだけど、あると思う。

「愛してる」や「好き」なんて言葉を使わなくても、
「愛」を感じる物語です。
こういうところ、西田さん天才!って、思う。

一番感じたのは
「女性らしさ。」
これって良子さんプロデュースならでは・・・なんだと思います。
(「丸投げ」発言には、殿と姫の信頼関係を感じましたが。(笑))

激動の幕末にもかかわらず
やわらかくて
やさしくて
恋しい人の死は目の前にあって、すごく切なくて苦しいんだけど、
それだけじゃないの。

「光がある」

それが、良子さんと殿に共通する想いなんじゃないのかな~って
そんな風に感じております。

私の心の中にあたたかいものをくれる西田さんの物語。
そして、それを魅せてくれる良子さん。
2人がいないと、心が苦しくていられなくなるかも・・・
それくらい、私のしあわせな時間をくれるお2人です。
また明日からがんばろうって思えるのです。

素敵な夢の時間をありがとうございます。m(__)m


ゆっくりお休みになってもらいたいところですが・・・
また来月は本公演ですね~。
DMが届きましたよ~。(^_^)

がんばってくださいね。>皆様

絶対に行くから!←きっぱり
たとえ、不良主婦と呼ばれようとも!!(笑)
私は芸劇に通いまするぅ~。

なので

次の公演も

よう おきばり♪

|

« まためぐり会えたら | トップページ | 明日はファンドレ先行日ですよ! »

ANDENDLESS」カテゴリの記事

コメント

う~~~ん
もう・・書きたいこと全部を私の言葉より真っ直ぐに的確に書いてくれるから
智ちゃんが書いてくれたら自分の感想は「もういいか」って思ってしまう(笑)
嬉しいのはそういう「感じ方」が自分とまったく同じであること(だから同じシーンで同じように泣いちゃうんだよね。そして「お二人ガン泣きでしたね」とか言われちゃうんだね)
智ちゃんのおかげで遠慮なく泣けます。

窪寺くんとアンドレの皆が一緒の舞台に立ってるだけで泣きそうになること。
今回の舞台はアンドレ本公演にはない「女性に受け取れるメッセージ」を感じる事。
全ての役者さんが本当に素敵であった事。
本当に・・本当に素敵な時間であったこと。

本当にまだまだゆめごこちです。
どんなに無理してもやっぱり遠征してよかった。

いつもそう思えるのは西田さんのおかげです。
本当に・・もう西田さんはずるいくらいかっこいいから(笑)

本当にいつもありがとうございます!

ですよね~

投稿: akira | 2007年10月17日 (水) 22時51分

>akiraさん

全く同じタイミングでタオル用意!だからね。(笑)
きっと同じ感性の持ち主だと、私は勝手に思っております。

最前列の日は泣かないでおこうと思ったのにさ~、
あかんかったよ~。

本当に素敵な時間を過ごせたよね~。
私もご一緒出来たことに感謝してます。

ありがとう!!

投稿: ともこ | 2007年10月17日 (水) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/16767093

この記事へのトラックバック一覧です: 『~ゆめゆめこのじ』ネタバレ感想文(長文):

« まためぐり会えたら | トップページ | 明日はファンドレ先行日ですよ! »