« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

オオラス

いよいよ大晦日。

お掃除終わりましたか?
うちはね、概ね。


あきらめた場所多数です。(笑)
できるところだけやりました。

これから年越しそばを作り、
テレビを見ながら食べて
お煮染めくらいは作ろうかと。

年越しはジャニーズ見ようかな。(笑)

2008一発目のぶろぐ更新もやりますけども。

皆様の年越しはいかに?


初めての方も、いつもの方も このぶろぐをお読みいただきまして
ありがとうございます。
2008年は・・・

続く。(ぐふふ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANDENDLESS Special Live 2007

この年の瀬にイベントへ行って参りました。

ANDENDLESS Special Live 2007 「24(ニシ)」

今年はこれで見納めです。
年末の主婦として忙しいはずなのに。
不良主婦を通り越し、悪魔の領域へ。(自爆)

が、しかし、行って良かった。
楽しかったよ~!!

オープニングのダンス!
全員で踊ってました。
殿が踊ってました。
みそ汁がいっぱい出てたと思います。(笑)

今年の全公演のパロディもありまして、おもしろかったです。
上総にも ネックスにも、エミリーにも みんなに もう一度会えました。
そして、幻の魚「Only silver fish」にも会えました。(笑)

Wii対決では、諒太くんの15分天下となりましたが、
応援団の力を借りて、殿はもう一度座長の座を死守しました。

ため口コントの新人'Sは すごくがんばってました。
いっぱい汗をかきながら。(笑)
京佳ちゃんの「だいちゃん」には、喜んでる感が見えた気がした。(笑)
先輩登場の順番
えりかさん→八巻さん→加藤さん→西田さん→三角さん(遅刻)

西田さんの所からは、「裕子さんの腹話術コーナー」みたいになってましたけども。(笑)

ホストコントでは、劇団員及び客演の皆様よりよ選りすぐり?のイケメン達が登場。
塚本さんは ある意味恐いくらいでした。(笑)
窪寺君と能龍さんは似てる~。(笑)

三角さんは遅刻したのが災いしたのか、終始ヤクザ呼ばわりされてました。
かわいそうに。(笑)←なぜ笑う?

来年のカレンダーも頂きました。
もう1年間の公演予定が書き込まれている。
なんて親切なカレンダー。
そして、ドレメンのお誕生日も書いてあります。
なんて親切なカレンダー。(笑)
12月がファンにはたまらないスペシャルとなっております。
ご本人も物販のを見て「うわ~!」って、言ってました。(笑)

そんなこんなで、私の一年は「観劇の一年」と、言っても良いくらい、
劇場に通いまくり。
この前、新宿から渋谷方面に行こうと思ってたのに、気が付くと池袋方面の階段を上がってました。
しかも、無意識に。(笑)
ちょっと、病気かもしれん。(汗)

来年もANDENDLESSが走るから 私も追いかけよう
そうしよう♪

お友達とも会えたし、増えたし。(^^)v
今日の出会いに感謝して、また明日に紡いでいきたいな~
と、そんな風に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事納め

本日で一応の仕事納めです。

お世話になった皆様、ありがとうございました。
来年も迷惑をかけ倒しながでも、前へ前へと進みたい。

一応の仕事納めと書いたのは、
私の仕事は趣味みたいなモノで、いつも心の中にあります。
離れたりしないの。

どこかで出会う誰かに、また伝えることができるかも知れないから。
だから一応の仕事納め。

今年もたくさんの出会いの中で、得たモノがいっぱいあり、
幸せを感じております。
出会いをいただけたことに感謝です。

さて、来年です。
2008年も目白押しの駆け抜ける1年だろうと思います。
2007年以上に充実させよう。

がんばるぞぉ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブルブッキング!!

スケジュール帳とにらめっこして、せっかく大丈夫だと思っていたのに・・・

そんなぁ・・・

あんまりだ・・・(泣)
うぇ~ん。(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

体が二つあったらな~。
コピーロボットが欲しい。←切実

あ・・・しょぼんだよ。とほほ。


いや、気持ち切り替えて。
29日があるじゃないか。
29日を楽しみに。
月末まで突っ走るぜぃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めりーくりすます

今日は「いぶ」でございます。

そして、私の母様のお誕生日でございます。
その昔
「24日に生まれるなんて、あの方の生まれ変わりだわ~」
などと、言っていたうちのおもしろい母様。
いつまでも元気でいてね。
おめでとう。

昨日はたけさん家でクリスマス会でした。
プレゼント交換でも素敵なモノを頂きました。
私は夕方から参加。
チビ助と相方は昼から参加。

ほとんど写真を撮ることなく、終わってしまった。
きっとkunoaさん と たけさんのblogにおいしい料理の数々がUPされると思います。
今年も超豪華なメニューの数々。
クリスマスが終わった気分です。(笑)

で、本日。
チビ助は調子が悪いようです。
風邪かな~。
相方と寝ています。
私は、買い物を済ませ、ぶろぐっております。

サンタさんからのプレゼントね。
大事だから。
ちょっと面白いことがあったので発表。
()は私の心の声です。

ともこ:「ね~、サンタさんに何お願いするの?」
チビ助:「えっとね~、Wiiだよ!」
(てか、予算オーバーだし、これ以上テレビを占有されても困るよ。)
ともこ:「え~?それはさ~、人気があって、サンタさん買ってこられないかも・・・」
チビ助:「大丈夫だよ。サンタさんが作るんだもん♪」
(お~!サンタが作ってるって信じてるのか~。かわいいヤツだ)
ともこ:「あ、あ~ そうだよね~ サンタさんは作るよね~・・・」
相方:「でもさ、サンタさんが作ったら、サンタ印になるからソフトが合わないんじゃない?」
(おいおい、そんな無理矢理な(汗))
チビ助:「あ~そっか~。」
(え~!?納得~?)
ともこ:「じゃさ~、なんかみんなで遊べるのにしたら?」
チビ助:「うん、そうだな~。人生ゲームにする。」
ともこ:「そっか~それならみんなでできるね~。」
(ってことは付き合ってやらなければならないじゃないか・・・とほほ)

そんなこんなで、サンタさんからいただくプレゼントは「人生ゲーム」と決定しました。
一昨日にトイザで一緒にチェック。
人生ゲームには色々なバージョンがりまして、すごいですね~。

「これがいい!」
と、1品をチョイス。
「じゃ、サンタさんにこれくださいって、お祈りしときな~」
と、いうと、
「サンタさん、人生ゲームドリームをください」
と、懸命に祈っておりました。(笑)

母は、この姿を見てかわいいな~と、思いつつ、
いつネタバレしちゃうんだろ~と、そんな事も思っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファンドレ更新!

先日ファンドレ更新しました。
ファンドレ3年目かな?
まだまだぺーぺーです~。(笑)

でね、入力して送信したんだけど、自動返信がなかったの。

仕方がないから お手紙書~いた♪

うそ

書いてません。(笑)

先日のWS中間発表会の時に言いました。

昨日、ご連絡というか、公式HPにお詫びが入りました。
けっこうな人が自動返信こなかったみたいです。
しかも、アドレス変更がない方が多くて、スタッフさんも困ってらっしゃる。
てな訳で、
更新手続きした方は、更新料をお振り込みしてください。
とのこと。

ちなみに、こちら

追記です。
稽古場日記に、皆さんのコメントがUPされました。
すごいキャスト陣です。
改めて。


それとですね、殿のブログ『西田マン』
あまりに更新がないので、勝手に広告載せられてます。
殿、たまには更新しないと、えらいことになってますよ。(笑)

今年の目標は達成できず・・・でしょうかねぇ。
もうちょっとだから惜しいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『COLLECTION HOUSE』感想文

長文にならないつもりが。(笑)
すみません。<(_ _)>

今日は、第3期ワークショップ生 中間発表会
『COLLECTION HOUSE』
を観劇してきました。

Photo_2





 

 
  
久しぶりの江古田ストアハウスです。
駅前のどこに劇場?
え?ココ?
みたいなね。
あまりの近さにびっくりします。(笑)

唯一のお昼の回。
かなり満席でした。
私の横だけ空いてたけども。(汗)

スタッフさんにドレメンが。(笑)
ちょこっとお話し、席に着きました。
後ろのおばちゃんの話が面白くて仲間に入りたかったです。(笑)

さて、本題。
13コのショートストーリーをオムニバス形式次々と演じていくという、なんだかメトロっぽい。(笑)
全部WS生が考えたお話で、西田さんが演出です。

・プロローグ
見えないドアを開きます。
不思議な感じ。
物語の入口。
引き込まれます。
もうちょっとドアが上手に開くと、もっと不思議感が出たと思うけど~。

・カップラーメン
「若い君たちしかできない」と、思った。(笑)
画像消すところが今時です。
カップラーメンてのもね、似合うの、なぜか。(笑)

・いつか1
これ、好き。
「かっこ笑い(笑)」が、ツボった。←まるで自分じゃん。
お隣さんだったところがね、好き。

・サクラサク
キモイ感じがとてもお上手。←誉めてるよ~。
「会いたいです」って、最後にそうきたかと。
最後は気持ちがあたたかくなったよ。

・合コン大作戦
乙女なお話。(笑)
少女マンガに出てきそうだね~。
私の中でかなりヒットです。
おもしろかった。
オチがお父さんなのも。(笑)
個人的に言わせてもらうと、「合コン」をしたことがない私。
どんなもんかあこがれる気持ちは分かるな~。

・太陽の挨拶
「朝日」ね。
光の見えない子に光ってつける親の想いも、泣けるじゃないかよ。
走馬燈って事は逝ってしまうのに光を感じるお話でした。

・ミルフィーユ
マスターの普通な感じ、面白かった。
ケーキを必死で食べる、その気持ちが好き。(笑)
最初ね、なぜケーキが一つ足りないか分からなくて、そうきたかと。
最後、やり直せて良かった。
恋がはじまるのね。
泣いてるあなたの気持ち、おばちゃんも分かる~。
って、思いました。(笑)

・初恋メール
思いの外、最後が笑えた。
「おい!そっちかよ!」と、心でツッコミを。(笑)

・いつか2
赤い糸を切っちゃうところが好き。
「いつか」ね~。

・クリスマス連盟
「勝手に太ったのはあなたでしょ!」
に納得です。
グループ組むのがね、乙女らしくて笑いました。
私ね、コレが面倒でグループになじめないタイプだった。(笑)

・三途の川でクリスマス
ちょっと分かりにくい感じ。
テーマ的に重かったかな~って。
身籠もる役にしては浅い気がした。
重みが足らないな~って思いました。
残して逝くって事だと感じたんだけど、合ってるのかしら?
残していく勇気、すごくね、辛いけど分かる気がする。
どちらか一つしかダメなら、私も同じ事をする。

・いつか3
几帳面を演出するなら、
もうちょっとキレイに洋服を折った方がリアルじゃない?
本音を言い合える人がそばにいるって事が素敵。

・コレクションハウス
これ一番好きなお話です。
自分の人生の選択。
やりたいことを抱えて、
大事な人に一緒に歩いてもらえるなら、
とっても幸せだろうな~
って、思いました。
行く道は険しいだろうけど。
5つ目はなんだったんだろ?
選ばなかった一つ。
「全部選ばない」って事なのかな?
うーん。

全部抱えて走れるなら
走れるだけ走れ!
と、私は思っている。

昔の自分を思い出すような、そんなお話。
「逃げる」って言葉にドキッとした。
逃げたからね~。(笑)

5分前後でおもしろかったり、光を感じたりできるお話でした。
自分たちで作ったんだからすごい!

舞台慣れしている方もいれば、そうでもない方もいるでしょ。
先日まで本公演に出演されてた方もですし。
それはね、経験値が違うから仕方ないと思うんだ。

演技がラケルなのは分かっておりますから。
楽しんでいたり
必死だったり
必死だったり
必死だったり。

お金をいただく以上、プロとして魅せられるところはどこか、
きっと考えると答えは決まっている。
これは誰にでも言える事で。
プロとして頂いてる価値に値する自分 であるか、どうか。

自分に欠けているところを反省したりもします。
必死で欲しいモノを掴もうとする気持ち
大事にしないと
って、改めて。

自分たちで作り上げることをやった生徒の皆さんには、
きっと何かが残ることだと思います。

私にそれは分からないけど、
きっと何か残るものがあって、
きっと宝物なんでしょうね~。

先生も、スタッフさんも、ドレメンさんも、WS生の皆さんも、
お疲れ様でした。
3月の卒業公演も楽しみにしておりますよ~。(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツキイチDiary更新♪&舞台『となりのガーディアン』

ツキイチDiaryが更新です。

「愛のうた」撮影終了だそうです。
おめでとうございます。

お花の生けられる男は格好良いです。
お花好きだものね~。

みぞじーを手前に「良い俳優」としての意気込みを。(笑)

本気と書いて「マジ」と読む。(笑)
願わくば、ナイスキャラでありますように・・・


『となりのガーディアン』
チケット発売になりました。
Dais.web でも、チケットの取り扱いが開始されております。
ぶっちゃけ、ダイスの方が席がよいと思いますよ。

西田さんは本が書き上がったのでしょうか。
気になるところ。
思い通りの舞台を作っていただきたい。
私はそれが観たいから。

そして、プロデューサー様。
マジやってください。
まっすぐな三角さんを信じてますから。

知らない間に役者もスタッフも増えている。
完全にアンドレ色が濃厚となって参りました。(笑)
加藤靖久さん、佐久間祐人さん、榊陽介さんまでもがキャスト陣に!
わ~い!\(^O^)/
「あれこれってアンドレ?」みたいな事になりますか?
なりましょうよ~。(笑)

スペシャルサンクスに岩崎君と一内君の名前が。
こりゃ~小道具だな。(笑)
そして、イケメンズ!
がんばれっ!

なんだか うれしくなってきたぞ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末はエコ

15日に「2007エコプロダクツ」も終わってしまいました。
そして、16日にエコ検定も終わってしまいました。
私はどちらも参加。
試験は参加と言わないか、受験ね。(笑)

さて、「エコプロダクツ2007」はバスツアーを組んで参加です。
「東京ビックサイト」へ。
「ディファ」以来の国際展示場前ですけども。(笑)

600社から出展してまして、
「え?どこエコ?」
な企業のブースもございますし、
「は~、なるほどぉ」
って、感心する企業など様々でした。
あ、「もったいないばあさん」がいました♪

Sinaryブースは・・・

002




 
ま~、わんさか。
わんさか人がいました。(笑)

A1の製造工程サンプルがおいてありました。
プチメイクショーもやっていました。

今年も化粧品会社として出展したのはSinaryだけのようですね。
「化粧品屋がなぜエコ?」
と、みんな思いますが、Sinaryなら当然のこと。
製品の中身がエコなんだもん。
使い終わって流すお水までもが安心・安全なんだもん。(^_^)b
「瓶のフタがリサイクル」とか、中途半端なことは言いません。(笑)

本当に欲しいモノを手に入れて使えるしあわせ。

改めて感じるエコプロ2007でした。

そして翌日はエコ検定
エコ検定ってあるんですよ~。
合格するとエコピープルになれるそうです。(笑)
ちょっと安易な名前の付け方が気に入りませんが、仕方ない。

これが意外と難しい・・・
過去問とかやったんだけど、問題用紙を開いてびっくり。
今年の話じゃないかよ・・・
12月だから今年のエコな動きも入ってるのか!!
と、出鼻をくじかれたともこでした。

70点で合格だって。
色んなブログを見ると、2回目の問題よりは易しい問題だったようです。
でも、そんなの関係ねー。
自己採点ではギリギリちょっぷ。
もう一度勉強ですか・・・
学生の時って検定だけに没頭できて、良い環境だったのだなと、今回改めて思いました。
大人になると雑念が多すぎね。(笑)

勉強して思ったことは、
私の生まれたくらいから「地球の危機」を唱える人はいたのに、世の中の流れが開発の方へ向いていて、地球の壊れている今のこの状況を、一人一人が気づかなきゃどうしようもないところまできている、
って事です。
私のできるところってココだけだけど、ココだけでもやり続けなきゃ。
って、そう思いました。

週末はエコを考える2日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【CLASSICS I】 勝手にランキング♪

私も真似っこしま~す。
トークショーであったランキング。
【CLASSICS I】から選出です。
ちょと面白かったよ。(^o^)

1.彼氏にしたい:ジャン(A)
→熱い男は愛情も厚そうだから。

2.彼氏にしたくない:シャルル(A)
→身分の差が激しくて、話が合わないと思う。(笑)

3.結婚したい:ジルドレ様(A)
→常に自分で決めたい。しかも自由だ。(笑)
芯のところで通じ合っていて、最後に命をかけて守ってくれれば、それで良しです。

4.結婚したくない:山海丸(C)
→愛されすぎていてコワイ。自由のない生活はできない。

5.友達になりたい:ポーラ(A)→前向きな人大好き。
  ユアン(D)→あれだけ推理できる人が近くにいたら便利じゃない?(笑)

6.友達になりたくない:コレット→友情を感じられない気がする。

7.上司にしたい:オリヴィエ→何があっても信じてついていきます!

8.上司にしたくない:ミザリ→方向性が違うのでついていけない。

私のランキングこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とっても良い写真

書こうと思っててなかなか書けなかったのだけど、
「まると良子の生活」に載ってる日芸同期4人衆。
とっても素敵だなって思ったのです。

お世辞とかそう言うんじゃなくて。
ほんとに。
良い仲間だなって。
同じ想いで走っていける仲間が同期でいるんだから羨ましい。

仲間で想いを一つにして、
素晴らしい作品を作り出すってすごくいいな~って。
これは、心からそう思います。

私は、そこに惹かれているんじゃないかと思うの。

ドレメンを含めて、
みんなが一生懸命に素晴らしい作品にしようとしている。
その心が伝わってくるから、
何度も何度も劇場で体感したいと思うのだ。
そこに魅せられている私。
重ねる時間にしあわせを感じているんじゃないかと。

最近、「同志的結合」って言う話をよくします。
私たちのお仕事の繋がりって、「同志的結合」なのです。
もちろん利益のためもあるけれど、優先順位が「想い」なの。
信じるモノが同じだから繋がっている。
私たちが揺らがないのは、それがあるからだ。
同じ想いの仲間がいる。
それだけで 自分のパワー以上のモノが出せる。
と、強く強く感じている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『エコプロダクツ2007』

12月13~15日まで、日本最大級の環境展

「エコプロダクツ2007」

が、東京ビックサイトで開催されます。

今回は600社を越える企業・団体が参加しているそうです。

エコプロダクツとは環境に配慮した製品やサービス、社会や企業の先端的な取り組みを紹介する国内で最大級の環境展示会で、今年で9回目の開催となります。(チラシより)

Sinaryは、3回目の参加です。
今年のブースはめちゃ大きいのだ。
楽しみです。

私がいつもココで感じたいことは他企業との違い。
「エコ」ってどの企業だって言っていることで、「環境」を考えていない企業はないと思うの。
「環境への配慮」のとらえ方が違うのだ。

企業の考え方の上に製品は生まれる。
これね、絶対。
どう思ってるのかは製品の成分を見れば分かるのだ。
人のためなのか、利益のためなのか。
ブースに立つ人の説明や思いも感じる事ができます。
「やらされてる」のかとかね。(笑)

私は今日はセミナーで行けないけど、土曜日は確実に行くからねん♪

入場無料です。
色々もらえたりもします。(笑)
たくさんの方が参加することで、世間の環境への感心も高まることでしょう。

「環境と私」を考える日、年に1度くらいあってもいいんじゃない?
と、思うともこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さよならの終わりに、あの風を灼こう』を観てきました。

千秋楽後にもう1本観てきました。

HOT ROAD 第15回本公演
『さよならの終わりに、あの風を灼こう』

徳秀樹さんご出演でしたので。
観たいな~って思ってまして、完全にカブっておりまして・・・
千秋楽後しかなく、強行スケジュールです。

ストーリーは、成田行きのリムジンバスに爆弾がしかけられ、しかも、ハイジャックにあったり、その中で起こる笑いだったり愛だったり憎しみだったり。
100分間ノンストップ。
ハイジャック・・・ノンストップ・・・どこかで聞いた設定だよね?>御大
こちらは1996年が初演ですから、こちらがオリジナルでしょ。

会場入るなり、「田崎竜太」監督のお花が。
ココで「わぁ~」っと、思った私はかなりマニアックですね。(笑)
芳賀 優里亜さんがご出演でしたからですね、なるほど。

キャスター付きの椅子で、バスが走っているスピード感が表現されていて、すごくそこに感動でした。←そこか!
新しい!
私の中で非常に新しかったです。

最後に光があって良かった。
そう思いました。

疑問だっのが優里亜ちゃんが男の子の役だったこと。
途中で男の子のフリをしている女の子なんだとか、物語上あるのかと思ってたらなかったんですよね~。
意味があってそうなのか、本がそうだからなのか。
でも、とても顔が小さくてかわいいかったです。

徳さんは、ジーザスとは全く違い、格好良い感じ。
久々に徳さんのお芝居が観られて、楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『THE CRUISING GENTLEMEN』ネタバレ感想文(長文)

最後だよ!
この3週間に渡る観劇強化週間も今日でおしまい。
きゃ~。
空っぽになったらどうしよう。
そんなことはない。
頂いてきたものがいっぱいだから。
明日からをがんばるチカラ頂いてきました。

最後の感想文『THE CRUISING GENTLEMEN』です。

2時間ドラマのサスペンスよりも面白い謎解きです。(笑)
ドキドキです。

探偵まがいのサークル「THE CRUISING GENTLEMEN」。
記念すべき一人目の訪問者は「願い」でした。
仲間に入りたいアシュリー。
一つの事件に巻き込まれていきます。

ヴィクター@村田雅和さん
彼の記憶が大切なキー。
ストレートヘアの雅和さんを初めて見た気がする。

ネックス@塚本拓弥さん
エピローグを語るネックスを見るだけで涙が。
とても好きなの。>ネックス
ディランのモノマネ最高でした。
初めてWS公演で見た時は 死んじゃうとは思ってなかったので
ショックだったんだよね~。
帽子もパイプもネックスが先。
これ、ポイントね。

クリフ@八巻正明さん
このサークルのちょっと頼りないリーダー。
「クリフ、クリフ、何も話すことがないなら、光に入っちゃダメだ」
この台詞の後の、クリフの顔が好き。(笑)
ネックスのために「ヒントくれよ!」と叫ぶシーンは、毎回涙でした。
八巻さんが真剣にお芝居しているのを見るのは久々な気がします。

ユアン@西田大輔さん
「西田さん」って感じがした。
この表現合ってる?
でも、そんな感じ。
彼が謎を解いていきます。勘が鋭いの。
「1勝1敗だぞ、ネックス」の台詞には毎回泣かされました。

シャーリーン@笹原綾さん
元気の良い新聞記者さん。
事件のことを調べてくれる大事な仲間になります。
笹原さんの声とっても好きです。

バート@佐久間祐人さん
いい人です。良いお兄さんです。
そして、マリオのBダッシュができます。(笑)
最後のアシュリーとの場面はとてもやさしくて穏やかな時間でした。

ユリ@戸田佳世子さん
花屋さんです。
意外とキーなの。
ちょびっとしか出てこないのが惜しい。

カーライル@岩崎大輔さん
アシュリーの手先です。(笑)
悪いヤツなんだけど、そうじゃないんだよね~。
最後はアシュリーのために自分から動くんだけど、かなり格好良い。

フィリア@中川えりかさん
怖い編集長です。
凛として「できる女」で格好が良い。
えりかちゃは凛とした役が似合うなと思いました。

執事のゴヒキー@村田洋二郎さん
「お笑いタレントに間違われる」って・・・自らそう言う方向へ。(笑)
得意なモノマネ披露大会になってましたね。
似てた、似てた。(笑)
必要なのか?って感じでしたが、必要ですね。
ソファーチェンジしないといけなし。(笑)
場面転換SM○P呼ばなきゃいけないしね。

コレット&コレットの母@今泉祥子さん
めちゃ悪い。(笑)
お母さんの名誉を守るために、嘘を付いたり探ったりするコレット。
ヴィクターの記憶を探ります。
「大丈夫?」
「変なことに巻き込んじゃってごめんね」
「忘れられる?」
この言葉が何度も出てきます。
これは子どものヴィクターが殺人現場を見て封印していた記憶。
コレットと出会い記憶が蘇ります。
ダンスシーン、とっても素敵でした。

アシュリー@田中良子さん
最初のイメージシーンで「オープン」「ホー○ズ」って口だけで言ってる良子ちゃんがかわいい。
※訂正です。
なんと、最初から答えを!
知らなかった。
答えは下の方に書いてあります。(笑)

アシュリーって、クリフからもユアンからも愛されている子なので、かわいいらしい感じもありだと思ったのです。
結局は4人を利用してコレット殺そうと思ってた悪い子なんだけど、「ごめんなさい」って最後に言うところ、あれでね、やっぱり愛されてるキャラなんだろうって思ったの。
日記をすり替えたのは彼女で。
ネックスの遺品に切符を入れたのも彼女で。
旅を終えてお兄さんのところに戻って欲しいと思うのでした。

一つの依頼は過去の大きな事件につながっていて、ヴィクターの記憶はそのキーとなる。
とても複雑ですが、後半で一つ一つがつながっていく。
「願い」のアシュリーも、「依頼」のコレットも。
最後に「そうか!」って思うんですよね~。
西田さん、やっぱ天才だ。

ユアンの得意なのは勘じゃなくて嘘だった。
最後に名前が分かります。
「シャーロックホームズ」
彼の名前はシャーロックホームズ。

3人が列んで光の中にネックスが入るシーンは毎回涙です。
大好きだ!

一つ言えば、かなり若い設定でしょ。
汗だくになりながら走る4人のちょっと青年入ってってる皆さん。
「ようおきばりやったの~」と、思いました。(笑)

後、「ハンバーグ」ね。
食べたくなった。(笑)



千秋楽スペシャルは
場面転換SM○Pに三角さん登場。
無理矢理みたい。(笑)
前日に裏でお話しした時に「絶対どこかで出ますから」って言ってたのがマジだった。(笑)

再びマイケルが来日。
シフト間違えてきたそうです。(笑)
帰りたくなさそうだったね。
「ユアンの目が怖い」って言いながら舞台をはけていったよ。(笑)


トークショーは毎回ながらグダグダなんですが。(笑)
公演期間のNGを発表です。
1コは見ました。(笑)
そして、キャラアンケート。
まばらにしか覚えていません。(笑)
恋人にしたい男性 1位 ジャン(ジャーニー)
恋人にしたい女性 1位 奏雪(セカチル)
                 美鈴(かくれんぼう)
               オリヴィエ(ジャーニー)
結婚したい男性   1位 平賀源内(セカチル)
結婚したい女性   1位 泡音(セカチル)
上司にしたい男性 1位 シャルル(ジャーニー)
上司にしたい女性第1位はオリヴィエ(ジャーニー)

上司にしたくない男性 1位 ミザリ
友達にしたくない男性 1位 麓郎
結婚したくない男性   1位 山海丸

うーん記憶喪失。(笑)
忘れちゃった。山海丸と麓郎はやたらめったら出てた気がするのはなぜだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『THE RUN & HIDE & SEEK』ネタバレ感想文(長文)

『THE RUN & HIDE & SEEK』の感想文です。

2人の浮世絵師と1人の女性の物語。
とてもあたたかな物語。

はじまりのシーン。
「もういーかい」
「もういーよ」
で、みんなが顔を出すところがとっても好きです。

友竹@村田雅和さん
彩恵と想い合ってるとも知らずに、かなしいかくれんぼをしています。
かなり好きなキャラです。
彩恵に言う「もういいよ」の台詞に毎回泣かされてました。

菱川@和泉宗兵さん
物語を前半語ってくれます。とても良い声で響き渡る。
「ひょろ長い」の時に髪をね・・・おもしろい。
ドレメンにはないカラーじゃないかな~って思いました。

彩恵@田中良子さん
着物も髪型も素敵で似合いすぎ。
超好みです。
1幕の終わりだったかな?
「友竹 私 あんたのことが・・・」
って、口だけが動いている。
思いを告げたのに、かくれてしまうんだから 切ない。
だいたい涙でにじんでました。(笑)
「あんた見つけて よろこぶ私を描いとくれよ」
この台詞大好きだ!
結局は1人で生きる道を選んじゃう彩恵姉さんがかっこいい。

狩野探幽@加藤靖久さん
私、4回ほど見せて頂きまして、
「父!?」
と、レアな
「力!!!!(パワー)
を見せて頂きました。(笑)
あのシーンだけは特別おもしろくて参った。
おもしろいだけじゃなくて、苦悩も持ち合わせです。
雪彌に謝るシーンはとても素敵でした。

狩野千代@宇田川美樹さん
めちゃ迫力満点の女将さん。(笑)
そして、人情に厚い。
かっこよかったです。

幸之助@伊藤寛司さん
友竹に人を描くことを勧める、良い人です。
ぼっちゃまですけどもね。
いいじゃない!伊藤くん!って思いました。

堀内梅山@岩崎大輔さん
「かくれんぼう」でmy No.1ナイスキャラです。
ただの金の亡者ではありませんでした。>ホリエモン
友竹の絵に惚れて、描かせるために死んでいった堀内のダンナ。
かっこよかった。

古蘭@戸田佳世子さん
なにげに素敵なんですけど。
異性がよいのかと思いきや、けっこう支えるタイプの女性。
「その絵の美人は誰がなんと言おうと、私だよ。」
とっても好きな台詞です。

椿@福田真夕さん
あのきれいな顔で「お・し・ご・と!」と、
迫り来られるとびびるだろうな。
省吾郎に「どんぐりかと思った」と言い放つ辺り、
ただの花魁ではない。(笑)

佐吉@大畑真彦さん
とてもおもしろいキャラだ。
かなり笑えました、彼。
「江戸ヒルズ族は・・・」がの台詞が好きです。
冒頭、菱川が「水」と、言う時そばにいなくて、月日の流れが見えるの。

玉乃@藤臣香乃さん
とてもできた女将さん。
堀内のダンナが最初に買った友竹の絵を友竹に見せるシーンが
とっても好きなの。

美鈴@田中美樹さん
みっちゃんはかわいい~。
幸之助をビンタする、なにげに恐妻家よね。(笑)

乙子@大橋祐子さん
敏腕秘書。(広報)
さすがホリエモン、秘書付きですぜ。(笑)

雪彌@安藤繭子さん
めちゃかわいいです。>繭子ちゃん
大好きよ。←告白(笑)
雪彌は物語の重要人物。
競りで売られていた雪彌を連れ出すところから物語は走り出す訳だし。
「見つける相手が振り返らなくても、見てみたいんです。」
この台詞に涙してしまいました。

省吾郎@竹内諒太さん
雪彌を追って江戸へ来る田舎者です。(笑)
途中、堀内のダンナに連れ回されますが、超一途な男。
「差し違える覚悟で描いてください。」
この台詞に気持ち突かれました。

最後の台詞がとても好きなんだけど、全部覚えられなかった。
覚えてるのだけ。
「見つけることはとっても大変なんだ。」
「思い出せないこともたくさんある。」
「本気でやらないと意味がないから。」

また、ドンッって撃たれた。
撃たれまくりだよ。
この物語、大好きです。

楽日スペシャルは・・・狩野派にライバル土佐派現る!(笑)
「父!?」を描き終えたところに幸之助登場。
「父ちゃん、大変だ~。道場破りだ。土佐派の奴らが・・・」
と、殿を筆頭に、塚本さん、榊さん、三角さん、杉山さん、宇佐美さんが登場。
しかも、髪型はリーゼント。(笑)
三角さんは顔に傷まで作ったそうですが、見えませんでした。
裏でお話を聞きましたが、こっそりと用意していて舞台に出てくるのを知らなかった本番中の皆様。
さすが加藤さんでした。
ナイスアドリブ!(笑)
そして、「緊張するな~」と言いつつ書いた文字は
「IN 米」
「アメリカン」と、読むそうです。(笑)
芝居を壊しつつも、大きな拍手をもらって、帰っていきましたとさ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと1枚

あと1枚
いっぱいあったのに。
あと1枚。
淋しい。
いっぱい笑って、いっぱい泣くぞ。
+◆ともこ@携帯◆+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『GOOD-BYE JOURNEY』ネタバレ感想文(長文)

昨日に続き、『GOOD-BYE JOURNEY』と『THE RUN &HIDE & SEEK』も千秋楽です。

一つずつ書きます。
書きたいことがいっぱいだから。

まずは、『GOOD-BYE JOURNEY』から。

重ねて観るたびに、ドンッって撃たれてます。
今の自分が 撃ち抜かれてます。

ジャンヌ@高梨臨さん
超かわいい!
最初はなぜ?って思ったんだけど、ちょっと分かったかも。
ちょっとだけね。
「ジャンヌはただの女の子」なのがリアル。
公演期間中に成長を感じました。

ジルドレ@西田大輔さん
めずらしく(笑)叫ばない剣士です。
私はその方が好きですけども。(笑)
切られたいほど、かっこよい殺陣。
ジルドレは最初から分かっていて、ジャンヌを連れてきた。
最初から共に行く覚悟だったのですね。
最後まで大きな愛を捧げるジルドレ様です。

オリヴィエ@田中良子さん
オスカル良子様。(笑)
めちゃかっこよかった。
殺陣もかっこ良い。
強く、そばでジャンヌを支えます。
「玉よ」と「死んでしまえ」が、とてもおかしくて。(笑)
「王には言うな。墓まで一緒だっと言え。」
アランの腕の中で逝ってしまうのが、とても切ない。

ジャン@村田洋二郎さん
ジャン、大好きだ。
元気玉が出そうな髪型には驚きました。(笑)
「だったらお前、聖女じゃねーかよ。」
と、怒濤の長台詞。
説教する迫力と言葉で涙が止まらなくて。
撃ち抜かれたのはジャンの言葉です。

アラン@杉山健一さん
どこまでも優しいアランです。
常にジャンヌを励まし、支えます。
そして、オリヴィエを愛しているのに言えずに失ってしまう、悲しいアラン。
やっぱり優しい人だ。

リング@伊藤寛司さん
ジャンヌを救世主だと一番に信じて守ります。
とてもね、良いヤツなのよね。
誰よりもジャンヌと共に春を見たかったのはリング。
リング ナイスキャラでした。

ロベール@加藤靖久さん
ただの「女の子」だと思っていたジャンヌを、救世主だと信じて戦います。
「私はそうは思いません。」
と、ミザリに刃向かう時に号泣です。
やっぱり殺陣、かっこよい。

ミザリ@佐久間祐人
終始悪役。
でも、国を思ってのこと。
ある意味かっこよかった。

サイリアス@宮本京佳さん
元気で前だけを見ているサイリアス。
ジャンヌを信じて一緒に進みます。
とっても殺陣も素敵な京佳ちゃんです。

イリア@大森裕子さん
ジャンの奥様です。我が家と一緒で恐妻家。(笑)
妹を思い、ジャンを思、素敵な奥様。
やっぱり素敵なツッコミキャラ。(笑)
舞台に立っている裕子さんを見るだけで感動でした。

ニーナ@朝倉萌菜美さん
彼女が「春」なのです。
みんなが目指した「春」。私たちに希望を与える「春」なニーナ。
元気になったニーナが春。
萌菜美ちゃんもちょこちょこお顔は拝見しています。
とてもかわいいです。

ポーラ@笹原綾さん
とっても素敵な事言うの。
「救世主があなただったらステキよね。」
みんなが救世主がジャンヌだと知って落胆していた時に、
そういう前向きなことが言えるのってすごいな~。
包帯を手に持ってニーナに語るシーンはとても好きです。

ラ・イール@一内侑さん
ジャンヌを心配し、一生懸命神様に祈ります。
彼がジャンヌの大事なものを守ります。
彼女の羊を守れるのは彼だけだから。
最後の「神様、祈ったじゃねーか!」
とっても好きなんだ~。

ラングレン@宇佐美雅司さん
1人だけのイギリス軍です。
私も常々思っていることを言ってくれます。
「都合の良い神様」全くその通りです。
遅れちゃったけど、ジャンヌに薬を取ってきてくれます。
ジャンヌが魅了したのはフランス軍だけじゃないって事。
宇佐美さんは、私の中で「葬儀屋さん」(笑)
メトロで「葬儀屋さん」のお話にご出演だったんですが、
あまりに素敵で印象強いの。
とても楽しみにしていました。
期待通りです。

パサド@村田雅和さん
牧師様です。
ジャンヌが唯一心を許す場所、教会。
いつも見守るパサド。
4作品で一番穏やかな役ですよね。

シャルル@榊陽介さん
大玉です、あ、違った、王様です。(笑)
シャルルは生きて、「春」に語ります。
ジャンヌはイギリス王家の忘れ形見だと知っていて、「救世主」に仕立てる、ある意味悪いヤツです。
わざと、おもしろく抜けたフリをしているんだろう~。
でも、やはりジャンヌに魅了されてしまうのです。
「聞こえるか、ジャンヌ」
響き渡るその声がとても素敵でした~。
そんなおもしろキャラには見えない榊さんです。

たくさんの人に支えられるジャンヌ。
優しく支える人、厳しくも支える人、大きな愛で見守る人、
それぞれがそれぞれの立場で、ジャンヌを支えます。
信じてくれる人のために前へ進む。
「春を見せるために」
「神の声を聞いた聖女」として。
でも、ただの「女の子」なのです。
羊飼いの女の子だったジャンヌは、ラピュセルになっても何も変わっていなかった。
それでも「春」を信じて死んでいきます。

ニーナの元気な姿と
「あったかいね。」
その言葉でジャンヌの願った春が訪れたことを知らせてくれます。

撃ち抜かれた。
私もできるんじゃないかって思うんだ。
信じてくれる人のためになら、私にもできる。
そんな気にさせてくれる、「GOOD-BYE JOURNEY」でした。

千秋楽スペシャルは・・・
ジルドレが「オリヴィエ」って言うところを、「オスカル」と。(笑)
そして、「オレはアンドレじゃない。」と。
言ってませんから!
突然の事にオスカル良子様が「急に振られても対応できん」
と、おっしゃってまして、おもしろかったです。
良いシーンなのに。(笑)

ジルドレ様の
「あなたを選んで良かった。」
は、演出家からの言葉ではないかしら?
と、思ったんだよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『SECOND CHILDREN』ネタバレ感想文(長文)

『SECOND CHILDREN』千秋楽です。
長い公演期間でしたが、後半スタートで緊張感が長くて大変だったのではないかと思います。
お疲れ様でした。
そして、とても素敵な物語をありがとう。

以下、私の勝手な感想文です。

何度となく書いてますが、大好きです。>『SECOND CHILDREN』
某看板女優様と「大好き!」と、意気投合しました。(笑)

光とダンスと音楽と芝居が調和している作品。
イメージシーンはどの作品も好きなんだけど、これは特に好き。
からくりな動きもとってもかわいい。(^_^)

光だけで四季がわかるの。
台詞は後からついてくると言うか。
春の光 夏の光 秋の光
どれも素敵なんだもん。

「落ちる秋の色味の次には・・・」

「涙 です。」

分からなかったこの言葉。
重ねるたびに深くなります。

玄白の語りから物語ははじまります。
最後に・・・友に、源内に会いに行った玄白の語り。
冒頭から大好きだ。

源内@三角大さん
金髪もかっこよく。
ぶっちゃけかっこよい。(笑)
そんな三角さんが「かぴぱらさん」を持って、「ピッピッピ」って言わせるところはキュートでした。(笑)
後半の苦悩なお顔がまた素敵。

玄白@佐久間祐人さん
毎度ね、泣かされます。
「か・わ・い~い」と次の台詞のギャップがね、おかしくてたまらない。
源内さんは常にニヤけていたのですが。(笑)
目線いただきました♪

泡音@大竹えりさん
素敵な女将さん。要所要所のお笑いポイントが見逃せない!
「ウィキペディア」に爆笑。
私も活用しております。(笑)

椛@福壽鈴美ちゃん
ちょっと思い入れのある鈴美ちゃん。
WS公演の話をしたことがあって、「私すごくセカチル好きなの」って話をしたの。
そしたら「うれしいです。」と泣いてくれた、とってもかわいい女の子です。
今回はより一層、切れ味のあるツッコミをしてました。
おばちゃん、うれしくなった。

鬼杏@中川えりかちゃん
強い女ですが、もろい女です。
最近のえりかちゃんは強いキャラが定着しつつあるんじゃないかと思いますが。
鬼杏さん、とっても好きです。
愛していた夫を忘れられずに 
そばに置いて
ずっと傷ついている。
甲斐彦が一瞬だけ元に戻り名前を呼ぶ。
余計に切ないシーンで、鬼杏の背中がとても愛しい。

山海丸@加藤靖久さん
強い、強いよ、山海丸!
迫力満点なんです、今回。
コンタクトが落ちるほどの熱演。
公演期間中は1dayにすれば良かったかも。(笑)
愛している女への熱さも、友を思う熱さも どっちもある。
”ちょっとしたセミ間違え”と、”目をぱちくり”なところは爆笑でした。
それとね、”チュー”ね。(笑)
鬼杏姉さんのさじ加減なところが、おもしろい。(笑)

甲斐彦@永島真之介くん
イケメンズだったり「ひみつきち」だったり。
よく見てます。(笑)
昨年のWSでも同じ甲斐彦を演じていらっしゃいましたが、
成長が素人の私の目で見て分かる。
「涙です。」の台詞がとても好き。
季節が過ぎていくごとに、人生を巻き戻ししている甲斐彦。
とても切ない。

空樹@宮本京佳ちゃん
某えりか様よりもツンデレ度は上だと感じるくらいの京佳ちゃんですが、今回は真逆な感じ。
今回はお金のためにウソを付く訳ですが、そんな弱い女も似合うなって思いました。
髪型が複雑でどうなってんの?
って、思った。

麓郎@村田雅和さん
雅和さんは4作品にフル出場。
すごいです。
その中でも、麓郎は大好き。
麓郎と奏雪のシーンは、とても かわいい。(^^)
お友達に「源内と玄白がメインでね。」って説明するんだけど、「麓郎・・・あ~、う~ん、大事なんだよ。」と、今ひとつ伝わらない説明しちゃった。
簪を自分で選んだ これでね、恋しているのが見えるの。
「好き」って言葉は1度しか出てこないのに 愛が見えるんだな~。
「諦めない!」の台詞。
最後はね、持ってかれましたよ、麓郎に。(号泣)

奏雪@福田真夕さん
なんて、人形な設定が似合う人なんだろう。
それくらいかわいい!
「麓郎 私ね・・・」
心を持って動き出したとたんに止まる。
この設定にはとても泣けました。
すごくね、二人の恋はかわいいな~って見てたから。

「麓郎 えらいね すごいね!」
を聞きながら、子供の事を思いました。
「すごいじゃない!よくできたね~!」
と、大げさに褒める私。(笑)
彼の100%安心感を与える人である、私。
彼に自信を持たせる、私。
そんなことを思いました。

「秋になったら つげてくれるんでしょう」
この台詞好きなのです。
奏雪@からくりが想いを持ち始めたって感じた台詞。

泡音と椛がからくりだと分かった時は、鳥肌立ちました。
源内の心の内を思えば思うほど切なくて苦しくなったのです。
「悲しい話は嫌いだ。」
この一言の中に、こんな思いが込められてるんだって思ったの。

「なーに、桜を待ってりゃ、できるだろう。」
玄白の この台詞。
とっても好きなの。

最後の麓郎と奏雪のシーンが、とてもキレイ。
死罪の前にエレキテルは完成したんだ。
やっぱり 熱い男だよ、山海丸。
エレキテルの箱を奏雪が開いて
桜が舞って
シャボン玉が出てくるシーンは
とても素敵で
あたたかな気持ちになります。

ピノキオではないけれど、奏雪@からくりが人になるといいのにな~
って、そんな私の願い。

この作品は昨年のWS生のための書き下ろし。
卒業して新しい世界へ飛び出していく、生徒達に送る殿からのプレゼント。

こんなに切ない世界。
表現するのに すごく 難しかっただろうって思うのです。
この課題に向かった子たちは 何か掴んだんだろうな。
私は、何を掴めたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わっちゃう

明日はいよいよ千秋楽になる作品が!

『SECOND CHILDREN』

そして、次の日には、
『GOOD-BYE JOURNEY 』
『THE RUN&HIDE&SEEK 』

大楽は
『THE CRUISING GENTLEMEN』

本当に終わっちゃうよ。
はじまっちゃうと早く感じる。
待っているのは長いのに。
とても 淋しい。

楽しい事って、早く過ぎるように感じてしまう。
同じ時間なのに
自己都合だ。

見逃さないように
1回1回を丁寧に
心で観るのだよ。

本当に良い作品だから、たくさんの方に観て欲しい。
迷っている方は一緒に走りましょ!
劇場へGo!

GOOD-BYE JOURNEY
 西田大輔
 田中良子
 大森裕子
 村田洋二郎
 一内侑
 伊藤寛司
Guest
 宇佐美雅司(Amrita Peace)
 榊陽介(ダイス)
 杉山健一(GOKAN。)
 朝倉萌菜美

THE RUN&HIDE&SEEK
 田中良子
 加藤靖久
 村田雅和
 岩崎大輔
 安藤繭子
 竹内諒太
 伊藤寛司
Guest
 和泉宗兵((株)サイプロダクション)
 宇田川美樹(劇団6番シード)
 笹原綾(ダイス)
 戸田佳世子(OFFICE K.T)

SECOND CHILDREN
 佐久間祐人
 村田雅和
 中川えりか
 宮本京佳
 加藤靖久
Guest
 三角大(ダイス)
 大竹えり(少年社中)
 福田真夕((株)舞夢プロ)

THE CRUISING GENTLEMEN
 西田大輔
 田中良子
 佐久間祐人
 八巻正明
 岩崎大輔
 村田洋二郎
Guest
 塚本拓弥
 今泉祥子(東宝芸能(株))
 笹原綾(ダイス)

AND ENDLESS winter edition 2007 CLASSICS series vol.1
GOOD-BYE JOURNEY(A) THE RUN&HIDE&SEEK(B) 
SECOND CHILDREN(C) THE CRUISING GENTLEMEN(D)

11月22日(木)~12月9日(日) 東京芸術劇場小ホール1
一般    シングル  4000円 
       ダブル     7500円
       コンプリート 14000円
ファンドレ  シングル   3500円
       コンプリート 13000円
(*一部の価格が当初の告知と変更になっております。ご了承下さい)
チケット取り扱い Office ENDLESS・電子チケットぴあ・イープラス
*セット販売はOffice ENDLESSのみで取り扱い

タイムテーブル
12/7(金)13:30~D/18:30~C
12/8(土)13:30~A/18:30~B
12/9(日)13:00~D☆※楽日公演終了後にトークショー有り。

12/8昼夜、12/9は完売です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の感想

今日は突然の観劇。
計画性ゼロです。(笑)

だって、昨日の夜、ドタキャンになったんだもん。(T.T)
よくあることでね、凹まない。
皆さん、お子様も含め、体調には気をつけましょう。

「凹むくらいなら芝居を観よう。」ってな感じでね、急遽チケをお願いしました。
きっと神様が時間をくれたんだ。

本日の昼公演「かくれんぼう」

和物です。
とても素敵な世界です。
最初のシーンはとてもね、かわいくて好きです。
今日は、加藤さん発見しました。(笑)

書けば書くほど、ネタバレしそうだからやめとこ。

カーテンコールの後、ちょぴっと告知があるのです。
で、Tシャツがね、売れないらしいです。(笑)
皆さん、買ってあげてください。

今日のヒット!
雅和さん語録。
「Tシャツはそこの売店で売ってますので。」
ば、売店!?
ありませんから!(笑)
みんなに「ロビー」って突っ込まれてました。(笑)

良い芝居がぶっ飛びました。

うそです。

「かくれんぼう」はあと1回だよ~。

GOOD-BYE JOURNEY
 西田大輔
 田中良子
 大森裕子
 村田洋二郎
 一内侑
 伊藤寛司
Guest
 宇佐美雅司(Amrita Peace)
 榊陽介(ダイス)
 杉山健一(GOKAN。)
 朝倉萌菜美

THE RUN&HIDE&SEEK
 田中良子
 加藤靖久
 村田雅和
 岩崎大輔
 安藤繭子
 竹内諒太
 伊藤寛司
Guest
 和泉宗兵((株)サイプロダクション)
 宇田川美樹(劇団6番シード)
 笹原綾(ダイス)
 戸田佳世子(OFFICE K.T)

SECOND CHILDREN
 佐久間祐人
 村田雅和
 中川えりか
 宮本京佳
 加藤靖久
Guest
 三角大(ダイス)
 大竹えり(少年社中)
 福田真夕((株)舞夢プロ)

THE CRUISING GENTLEMEN
 西田大輔
 田中良子
 佐久間祐人
 八巻正明
 岩崎大輔
 村田洋二郎
Guest
 塚本拓弥
 今泉祥子(東宝芸能(株))
 笹原綾(ダイス)

AND ENDLESS winter edition 2007 CLASSICS series vol.1
GOOD-BYE JOURNEY(A) THE RUN&HIDE&SEEK(B) 
SECOND CHILDREN(C) THE CRUISING GENTLEMEN(D)

11月22日(木)~12月9日(日) 東京芸術劇場小ホール1
一般    シングル  4000円 
       ダブル     7500円
       コンプリート 14000円
ファンドレ  シングル   3500円
       コンプリート 13000円
(*一部の価格が当初の告知と変更になっております。ご了承下さい)
チケット取り扱い Office ENDLESS・電子チケットぴあ・イープラス
*セット販売はOffice ENDLESSのみで取り扱い

タイムテーブル
12/6(木)13:30~C/18:30~D
12/7(金)13:30~D/18:30~C
12/8(土)13:30~A/18:30~B
12/9(日)13:00~D☆※楽日公演終了後にトークショー有り。

12/8昼夜、12/9は完売です。

日程が減ってきている事に淋しさを覚える今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通常に戻った日

昨日は、劇場に行かないで仕事しました。
あ、こっちが通常ね。(笑)

なんだか淋しいのはなぜだろう。(笑)
これって日常になってきてるって事なのか?

昔、テスト期間中でもどうしても見たいテレビは見ていた。
見ないでやると頭の中はそのことばかり。
だから、その後、完徹してでも良いから、テレビを見てた。

今ね、そんな感じ。(笑)
全部に全力投球してやる。

今週で終わっちゃうんだな~。
思い残すことのないように。
心で観るのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツキイチDaiary更新♪

ツキイチDaiaryが更新されました。

やる気 出てきましたか?(笑)
うれしいことです。

絵が到着したそうです。
額縁って、周りのラインから額縁なんだ~。
そうか~。
ひとつ賢くなりました。

「夜桜」素敵ですね~。
我が家のご近所も桜の名所がございます。
そして、春は「さくら祭り」なんかも開催されちゃったりなんかして。

これで家でも「お花見」で飲めますね。(笑)
それって、ただの口実じゃ・・・

絵を見ながら、お酒飲むなんて素敵だな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『GOOD-BYE JOURNEY』3回目

本日の『GOOD-BYE JOURNEY』へ行ってきました。

連日の観劇で、若干背中が筋肉痛です。(笑)
私 あの椅子に何時間 座っただろう・・・(笑)

マイクが用意されておりました。
だって今日は撮影日。(笑)

洋二郎君は音割れるんじゃない?と、言うくらいの迫力。(笑)
あのキャラ大好きです。

記念でDVD化してくれないかな~って密かに思ってます。
書いた時点で、密かじゃないか。(笑)

今日は 前よりも増して ドンっと 打ち抜かれてます。
ジャンヌって誰しも そうであったりするよ。
そう、思うのです。
私は自分のそう言う部分が重なって見えちゃう。
それで・・・

あまり書くとネタバレしちゃう~。
やめとこ。

今日もバッサリ切っていらっしゃいましたよ。
あの目で睨まれたら、フリーズしそう。(笑)
かっこ良かった。

やっぱり どの作品も 好き。
選べなくなってきました。

12/9まで公演は続きます。

GOOD-BYE JOURNEY
 西田大輔
 田中良子
 大森裕子
 村田洋二郎
 一内侑
 伊藤寛司
Guest
 宇佐美雅司(Amrita Peace)
 榊陽介(ダイス)
 杉山健一(GOKAN。)
 朝倉萌菜美

THE RUN&HIDE&SEEK
 田中良子
 加藤靖久
 村田雅和
 岩崎大輔
 安藤繭子
 竹内諒太
 伊藤寛司
Guest
 和泉宗兵((株)サイプロダクション)
 宇田川美樹(劇団6番シード)
 笹原綾(ダイス)
 戸田佳世子(OFFICE K.T)

SECOND CHILDREN
 佐久間祐人
 村田雅和
 中川えりか
 宮本京佳
 加藤靖久
Guest
 三角大(ダイス)
 大竹えり(少年社中)
 福田真夕((株)舞夢プロ)

THE CRUISING GENTLEMEN
 西田大輔
 田中良子
 佐久間祐人
 八巻正明
 岩崎大輔
 村田洋二郎
Guest
 塚本拓弥
 今泉祥子(東宝芸能(株))
 笹原綾(ダイス)

AND ENDLESS winter edition 2007 CLASSICS series vol.1
GOOD-BYE JOURNEY(A) THE RUN&HIDE&SEEK(B) 
SECOND CHILDREN(C) THE CRUISING GENTLEMEN(D)

11月22日(木)~12月9日(日) 東京芸術劇場小ホール1
一般    シングル  4000円 
       ダブル     7500円
       コンプリート 14000円
ファンドレ  シングル   3500円
       コンプリート 13000円
(*一部の価格が当初の告知と変更になっております。ご了承下さい)
チケット取り扱い Office ENDLESS・電子チケットぴあ・イープラス
*セット販売はOffice ENDLESSのみで取り扱い

タイムテーブル
12/4(火)13:30~D/18:30~C
12/5(水)13:30~B/18:30~A
12/6(木)13:30~C/18:30~D
12/7(金)13:30~D/18:30~C
12/8(土)13:30~A/18:30~B
12/9(日)13:00~D☆※楽日公演終了後にトークショー有り。

12/8昼夜、12/9は完売です。

日程が減ってきている事に淋しさを覚える今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のW観劇感想と特別ゲスト(ネタバレ)

不良主婦もこれだけ徹底したら、良い事あるかな?
毎日を後悔しないために生きる。
その一つ。
自分の道を貫くのだよ。
今日、つくづく感じたこと。
私は、仕事もプライベートも好きなモノに囲まれて生きている。
なんて しあわせなんだろ と。

てな訳で、今日も池袋。(笑)

まずは、『SECOND CHILDREN』

こんなにも愛している物語なのに、本日my千秋楽。
この作品はもっと観たいのに・・・なんで夜公演ばっかりなんだよ~!
どうして、唯一の昼公演が会議なんだよ~!

光とダンスと音楽と芝居と、すべてが良い。
特に光が大好きです。
千田さんのファンです。

せつなくて苦しいのに、なぜこんなにあたたかいのだろう。

今日は、源内様がカミカミ。(笑)
かわいかったです。

そして、『THE CRUISING GENTLEMEN』

本日は特別ゲスト:窪寺昭さん
本編に全く関係ないシーンなので、バラしちゃえっ!って事で。(笑)

セットチェンジ要因です。
舞台の流れの中で、セットチェンをしてしまう・・・
すごい演出だ。

そして、衝撃の登場シーン・・・マイケルで登場。(笑)
一緒に出ている2人は、完全にやられてましたね。
楽屋ではモニター見ながら大爆笑だったそうです。

小マイケル隊がセットチェンジをします。
メイクもさせられてました。(笑)
一内君が恥ずかしそうでした。(爆)

ダンスするわ、結局の所やりちらかして、去って行かれました。
だだすべり感もありつつ・・・
しかも、大きな拍手をもらいながら。(笑)

今日のトラブル
小道具を忘れたヴィクター。
シリアスシーンで、ヴィクターの事をネックスと呼んでしまったユアン。

やっぱり物語にワクワク感があるのは、「GENTLEMEN」。

4作品 それぞれ 全く違うテイストです。
どれもこれも好きなのです。

「やっぱりセカチルですか?」
と、聞かれ
「そうですね、やっぱりセカチルです。」
と、素直に言ってしまった。
私のNo.1なの。
殿が出てないのに。(爆)

なんだかぎこちなく話をしてしまった事に多少の後悔が残り・・・
結局は蟠ってるのは私。

12/9まで昼夜公演が続きます。

GOOD-BYE JOURNEY
 西田大輔
 田中良子
 大森裕子
 村田洋二郎
 一内侑
 伊藤寛司
Guest
 宇佐美雅司(Amrita Peace)
 榊陽介(ダイス)
 杉山健一(GOKAN。)
 朝倉萌菜美

THE RUN&HIDE&SEEK
 田中良子
 加藤靖久
 村田雅和
 岩崎大輔
 安藤繭子
 竹内諒太
 伊藤寛司
Guest
 和泉宗兵((株)サイプロダクション)
 宇田川美樹(劇団6番シード)
 笹原綾(ダイス)
 戸田佳世子(OFFICE K.T)

SECOND CHILDREN
 佐久間祐人
 村田雅和
 中川えりか
 宮本京佳
 加藤靖久
Guest
 三角大(ダイス)
 大竹えり(少年社中)
 福田真夕((株)舞夢プロ)

THE CRUISING GENTLEMEN
 西田大輔
 田中良子
 佐久間祐人
 八巻正明
 岩崎大輔
 村田洋二郎
Guest
 塚本拓弥
 今泉祥子(東宝芸能(株))
 笹原綾(ダイス)

AND ENDLESS winter edition 2007 CLASSICS series vol.1
GOOD-BYE JOURNEY(A) THE RUN&HIDE&SEEK(B) 
SECOND CHILDREN(C) THE CRUISING GENTLEMEN(D)

11月22日(木)~12月9日(日) 東京芸術劇場小ホール1
一般    シングル  4000円 
       ダブル     7500円
       コンプリート 14000円
ファンドレ  シングル   3500円
       コンプリート 13000円
(*一部の価格が当初の告知と変更になっております。ご了承下さい)
チケット取り扱い Office ENDLESS・電子チケットぴあ・イープラス
*セット販売はOffice ENDLESSのみで取り扱い

タイムテーブル
12/3(月)13:30~A/18:30~B
12/4(火)13:30~D/18:30~C
12/5(水)13:30~B/18:30~A
12/6(木)13:30~C/18:30~D
12/7(金)13:30~D/18:30~C
12/8(土)13:30~A/18:30~B
12/9(日)13:00~D☆※楽日公演終了後にトークショー有り。

12/8昼夜、12/9は完売です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別ゲスト!!

明日は、洋二郎君が、「関口さん1」 イベントでいません。

で、特別ゲストがいらっしゃいます。

期待して良いと思います。
かなり、期待して良いと思います。

私の後ろで観劇されてましてね、肩を叩かれましてね、
「僕、明日、出ますから。」
と。
サプライズを自爆してくれました。

\(^O^)/わ~い!
ヽ( ^^)ノヽ(^  )  ヽ(^^ )^-^)ノ

楽しみです。

誰か、気になる?
私の口からは言えませんが・・・
答えはコチラ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のW観劇感想とTシャツ

本日は私の
『SECOND CHILDREN』&『THE CRUISING GENTLEMEN』初日です。

本当はお昼は学校行事だったんだけど、お昼で終わっちゃうのが分かったので急遽参戦です。
なぜかって言うとね、洋二郎君が気になったから。
明日は「関口さん1 イベント」のためお休みなのです。

ネタバレしないように感想を。

お昼の『THE CRUISING GENTLEMEN』から。

おもしろい!
前半は とにかく おもしろい!
後半は物語が走ります。

まず、塚本さんがそこに立ってる、と、言うだけでもう涙が。
すごくね、大好きキャラなの。

そして、『SECOND CHILDREN』。
4作品の中で やっぱり 一番好きな物語です。

大人なのです、お話が。
とても せつなくて 苦しくて それでも 光があって
心の染み入る
素敵な世界です。

これぞ 私の愛する殿の世界。


気持ちを整理した分、しあわせを感じられる時間になりました。
まだ重ねられる このしあわせ。

すべてに 感謝です。

それから、Tシャツ売ってます。
西田大輔さん、デザインだそうです。
黒と白

私は自分が着るために、黒を買いました。
メイクする時は黒なので、着ようっと。(^_^)


これからは 昼夜2回公演が続きます!
12月9日まで!

GOOD-BYE JOURNEY
 西田大輔
 田中良子
 大森裕子
 村田洋二郎
 一内侑
 伊藤寛司
Guest
 宇佐美雅司(Amrita Peace)
 榊陽介(ダイス)
 杉山健一(GOKAN。)
 朝倉萌菜美

THE RUN&HIDE&SEEK
 田中良子
 加藤靖久
 村田雅和
 岩崎大輔
 安藤繭子
 竹内諒太
 伊藤寛司
Guest
 和泉宗兵((株)サイプロダクション)
 宇田川美樹(劇団6番シード)
 笹原綾(ダイス)
 戸田佳世子(OFFICE K.T)

SECOND CHILDREN
 佐久間祐人
 村田雅和
 中川えりか
 宮本京佳
 加藤靖久
Guest
 三角大(ダイス)
 大竹えり(少年社中)
 福田真夕((株)舞夢プロ)

THE CRUISING GENTLEMEN
 西田大輔
 田中良子
 佐久間祐人
 八巻正明
 岩崎大輔
 村田洋二郎
Guest
 塚本拓弥
 今泉祥子(東宝芸能(株))
 笹原綾(ダイス)

AND ENDLESS winter edition 2007 CLASSICS series vol.1
GOOD-BYE JOURNEY(A) THE RUN&HIDE&SEEK(B) 
SECOND CHILDREN(C) THE CRUISING GENTLEMEN(D)

11月22日(木)~12月9日(日) 東京芸術劇場小ホール1
一般    シングル  4000円 
       ダブル     7500円
       コンプリート 14000円
ファンドレ  シングル   3500円
       コンプリート 13000円
(*一部の価格が当初の告知と変更になっております。ご了承下さい)
チケット取り扱い Office ENDLESS・電子チケットぴあ・イープラス
*セット販売はOffice ENDLESSのみで取り扱い

タイムテーブル
12/2(日)13:30~C/18:30~D
12/3(月)13:30~A/18:30~B
12/4(火)13:30~D/18:30~C
12/5(水)13:30~B/18:30~A
12/6(木)13:30~C/18:30~D
12/7(金)13:30~D/18:30~C
12/8(土)13:30~A/18:30~B
12/9(日)13:00~D☆※楽日公演終了後にトークショー有り。

12/2昼 12/8昼夜、12/9は完売です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »