« 開運プリン | トップページ | 腕時計 »

本物を見極める

諒太くんのエッセイと良子さんのブログに
アロマ「香り」の事があったので、
ちょこっと書きます。
てか、この手の話を書くと長いと思うのだけど。

「香り」
どんな物にも香りがある訳です。
人にも。
好みの香りの人に引き寄せられるって、よく言いますよね~。
これってね、付けてる香りじゃなくて、
本来持っている自分の体臭ね。
人間も動物だから。

そして、避けられないのが香りです。
空気に混ざってる訳だから、吸わない訳にはいかないの。>呼吸
良い香りも悪い香りも、これは同じ。

香りにも色々あります。

☆お花から採れるモノ
☆動物から採れるモノ
☆人工的に作るモノ

お花から採れる香りは、とてつもなく大変な作業で、
極少量の精油(アロマオイル)しか採取できません。
グラース地方が有名ですね。

動物の香り、ムスクなんかはそうですね~。
今は動物からの香りは採れないそうですけども。

だから・・・
石油から色んな香りが作られています。
すごいですね~。>石油化学の文化
今や香りの市場の99%が、合成香料な訳です。

精製に精製を重ねて出来上がる訳ですが、
「お花の香りに似せて作った石油から作った香り」
と、聞いたら率先して嗅ぎたいか?
なのです。

近代文化は石油系製品の開発と言っても過言ではないくらいに
たくさんのモノが作られてきました。
それと同時に環境破壊は進んでいることも否めません。
そして、現代病と言われる不思議な病気が増えていることも
忘れてはいけません。
アトピーだけじゃなく、アレルギー疾患を持つ子供が増えている、
このことは関係ないなんて言えないと思う。

石油はすご~く掘らないと出てこないでしょ。
植物が地底の奥深くに埋めたモノを、人が人の都合で
掘り起こし、自然に戻せない形にしている。

と、言うお話を聞いたことがあります。

元に戻せないのに、壊し続けているの。
これって良いことかな?

人って想像力豊かな生き物だから、
壊し続ける先のこと
作り上げていく先のこと
良い方向に想像力が働くと良いな。

私は、合成香料がダメな人です。
ラッシュの電車で具合が悪くなります。
なぜなら、いっぱいの合成香料に囲まれるから。
洗濯の洗剤の香り
シャンプーの香り
タバコの香り
香水
それがすべて石油からできた化学の香りな訳です。
避けたいのが切実な願い。

だから ものすごく自分が使うモノには気をつけております。
私が使うモノで具合が悪くなる人もいる訳ですし。

ヨーロッパ地方では保険のきく治療として確立しています。
うらやましい。
同じ香りでも、本物なら治療できる訳です。
植物からの恵は、人を救ってくれます。
すごいな~。shine

日本でも「アロマテラピー」が、流行っておりますね。
取り扱うお店も増えてきました。

日本に輸入されてくる精油は残念ながら雑貨扱い。
今は法的な規制はありません。
選ばないと、何が入っているかワカラン訳です。
しっかりとアロマを勉強されている方や、
信頼のある企業から
精油を入手しなければ!

一般ぴーぽーには難しいのが実状です。

あ~ かわいそうな私たち。(笑)

そんな私たちのために「パルファン」があります。
本物を作る企業が選らんだ精油は、シャラボ社のHE精油。
Imgp0276




  
「これって原料はなんだろう?」
そう思ってなんでも見る事が大事かな。

石油化学の歴史は 「これくらいなら体に支障がでないだろう」
植物の歴史は 「これなら体に良い」

あなたは どちらを選びますか?

|

« 開運プリン | トップページ | 腕時計 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/40290816

この記事へのトラックバック一覧です: 本物を見極める:

« 開運プリン | トップページ | 腕時計 »