« AND ENDLESS spring edition 2009 『WORLDS The Tempest/十三夜』 | トップページ | ダイダイの木 ユズリハの木 »

ファンドレ先行でした。

朝から お友達からメールを頂きまして。
「キャスト」出てるよ!と。(笑)

先行に間に合う様にキャストを出せたのは 
アンドレではすごい事ではないでしょうか。
褒めるレベルじゃないんだけども。
一般的な舞台は 出演者決まってからチケ発売だもんね。(笑)

無事 電話も繋がりまして ほっと一息。
電話が繋がった時に
「あ!繋がったよ~」
と 言ってしまいました。
今日は 今迄で一番早く繋がった。(笑)

電話口の担当も よくご存知の彼でした。
今回もブロマイドやっておりました。
悩むんだよ 3人て。

ご希望のドレメン様とも お話を。
うーんとね ぶろぐ見てて頂いてまして。
ありがとうございますです。_(_^_)_

今日は ご不在の方が多数でした。
みんな 他の仕事もがんばって~。

プリンターに仕事させている間に 日記など書いてみたりして。

私の先行の意識はですね 
「AND ENDLESSを信じる。」
と 思ってお金を投じてます。

これね 決して こうじゃなきゃダメだとか そう言うのじゃなくて
私の個人的想いで チケ取りしてるので。
“勝手な思い入れ” これですね。(笑)

新作は特に 海のものとも山のものともつかぬ訳です。
西田さんが書いて演出するから 良いモノ。
ドレメンがいるから 良いモノ。
脚本&演出家を信頼してお金を投じる訳です。

良いモノにする自信があるから やるんだろ。
って思ってますから。

それに ドレメンの皆さんがやるから と言う安心感。
最近は「がんばれ」と思う事も 多々ありですけど。(笑)
成長を見守る側(勝手に)としては
「ま~ 大きくなって」(T.T)
近所のおばちゃんか!\(・_・)的な思想に駆られる事もしばしば。 (笑)
人が育つ感動をくれるのも彼らなのですよ。
だから 私 熱い子は好きなんです。
小手先で見せようって 言うの 好きじゃないの。

人の事 言えないんだな。
彼らを見て反省し 自分を見つめ直す事も 山盛り。(笑)

もちろん 「この役者さんが出るから」
って 観に行く事もあるんですが
私にとって AND ENDLESSは そうじゃない。

大好きな脚本家で演出家がいて
それを形にする大好きな役者さん達がいて。
だから 何も分からなくてもチケット取ろうって思える。
お友達にも 「観に行かない?」と 誘う気になる。
客演さんがどなたでも とにかく 観たいの。
私の中の AND ENDLESS「信頼」があるから なんだと思うんです。

ファンドレ先行って そんな意味もあるかな~って
そんな風に捕らえています。

私のお仕事にも 通じるモノがあると思うので 
よりそう思うのかもしれないけれど。

なので この信頼に応えるべく 芝居しておくんなまし。

結局はプレッシャー(笑)

それはないけど 
皆さんの思い通りの舞台になりますように。
それを観せていただく事が 私のしあわせ時間です。

ココだけの話。
今日のキャスト発表を見てですね。
ゲスト人を見ただけで
「これは絶対おもしろくなる!up
と 目がキラーン(☆。☆)てなったのは 秘密にして下さい。(笑)

|

« AND ENDLESS spring edition 2009 『WORLDS The Tempest/十三夜』 | トップページ | ダイダイの木 ユズリハの木 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/44635766

この記事へのトラックバック一覧です: ファンドレ先行でした。:

« AND ENDLESS spring edition 2009 『WORLDS The Tempest/十三夜』 | トップページ | ダイダイの木 ユズリハの木 »