« どんどこ拡大中 | トップページ | 自分を越えていく »

映画を観ました。

先日『余命一ヶ月の花嫁』を観てきました。

うーんとね 生きる事を考えて 
結婚を考えてしまいました。

主人公の千恵さんは 本当に生きていらした方で。
登場人物の皆さんが 現在も彼女を胸にいきていらっしゃいます。

病気になるって かわいそうって 言われることが多いんです。
うちは 母が病気がちで たくさんの人から「かわいそうだね」
と 言われてきました。
そして うちの王子もアトピー体質なので「かわいそう」って
よく言われます。

かわいそうでもないんだけど。
って 思うんです。

確かに 健康であることの方が 何倍もいいんだけど
病気をして初めて分かることがあったり
生かされている自分を感じて 
たくさんの感謝ができて
日常に しあわせを感じることができる。
当たり前にある生活は 特別なことなんだな~。

そう思える事は 決して「かわいそう」なんかじゃない。
むしろ 「しあわせ」だ。
って 思うんです。

千恵さんの生き方は とても 素敵だと思いました。
生きられなくて 絶対に悔しいであろうと思うけど
残したモノは大きくて たくさんの人の心に何かが届いているだろな
って 思います。


あとね 太郎さん。千恵さんの恋人。
とても 素敵な方だなって思いました。
瑛太だったからじゃないよ。(笑)

結婚って なんだろな~って思うんですよ。
婚活とか あるじゃないですか。
私が結婚した頃と 状況が違ってきていて。
条件とかね 大事でしょ。

ここ最近 
子供ができるまで 籍なんか入れなくたって いいじゃん。
別に 急ぐ必要を感じない~。
って 思ってました。(笑)

でも 映画観ながら 
結婚ってこう言う想いがあって するもんだよな~。
って 思ったんです。

結婚て 相手の人生に責任を持つって事なのかな~。
恋人って いつでも やめられるんですよね。
いつだって解消できるし そこに責任を感じる必要はないじゃない。

でもね あの茶色い紙に書いちゃって 
役所に出しちゃったりなんかしたら
「妻」と「夫」になっちゃうんですよね。
お互いの人生に責任持って 
どちらかが欠けるまで 付き合う約束しちゃう訳です。

最近は 「やっぱ違う」って 
別れちゃう事が当たり前ですけども。(笑)
お互いの生き方を認め合えなければ 
リセットするのも悪くないけど。

支え合って 生きることは 素敵だな~と 思う映画でした。
まだまだ 絶賛上映中です。

|

« どんどこ拡大中 | トップページ | 自分を越えていく »

日記」カテゴリの記事

コメント

すごく すごく 人生の大事なこと 教えてくれる話ですよね~

「生きる」「誰かを守る」「心の繋がり」…

でも映画のえーくらちゃん ちょっとだけ…ちょっとだけ 健康的に見えるような? 可愛いんだけど…ね?

すみませんm(_ _)m

投稿: マキ | 2009年5月23日 (土) 20時13分

>マキさん

すごく 人の繋がりを感じる映画でしたね~。

確かに 元気そうに見えちゃうね。(笑)
ガンって 痩せていく病気名イメージですし。

投稿: ともこ | 2009年5月23日 (土) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/45088270

この記事へのトラックバック一覧です: 映画を観ました。:

« どんどこ拡大中 | トップページ | 自分を越えていく »