« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

新しい旅立ち

私のHPチェックに AND ENDLESSニュースも入ってまして。

驚きのニュースが。

伊藤寛司
大畑真彦
村瀬啓佑

が 退団だそうです。


寛司は 覚悟していたものの 寂しい。

そして 大畑くん。
え?大畑くん!?
だって だって 第二の嫁。
そっか。

そして 村瀬くん。
落ち着きのある若者で 小道具隊の優秀隊員。


もちろん 寂しくて仕方ないんだよ。
でもね それだけじゃない。

旅立ちです。
かわいい子達は 新しい未来に向かって飛び出した。
みんな 未来が いっぱいある。

自分の描いたとおりになるから。
強く願って 真を揺るがずに動く事。

必ず 思い通りに 生きられる。
人に どう思われても良い。
「これだ」と思うことは 譲ってはいけないよ。
負けそうにになっても 勝つまでやる。
止めなければ 負けたことにはならないよ。

思い通りに生きられるように 影ながら応援してます。

みんな がんばれ!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしまい

おしまい
楽しかった旅もおしまいです。
明日から またがんばる。

+◆ともこ@携帯◇+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はシーに

今日はシーに
良い天気です。

+◆ともこ@携帯◇+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニーランドホテル

ディズニーランドホテル
昨日はディズニーランドホテルに宿泊です。

+◆ともこ@携帯◇+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今

只今
ディズニーランド中です♪ \(^_^)/


+◆ともこ@携帯◇+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は

本日は
ここに泊まります♪


+◆ともこ@携帯◇+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火の季節ですね

昨日は 隅田川の花火大会で テレビ中継してましたね~。
多摩地区では 立川の花火大会があったらしいです。

私は そのころ 仕事の大イベントが終了し 打ち上げしてました。
やっと 一段落です。
あ~ 良かった。
みんな 楽しんでくれた事が 何よりも うれしく思います。

さて 本日は 休日でした。
休んでぱっかりな気がして ドキドキしてしまう 今日この頃。

王子と映画へ行ってきました。
『アイスエイジ3』
おもしろかったです。
けっこうな人数が爆笑してました。

常にどんぐりを追い求めているリス?が好きです。
彼の平和は いつくるのか?が 気になります。(笑)


家で 夕食を食べて のんびりしていると “ど~ん”
と 言う音が。

東京競馬場の花火でした。
うちから見えました。

Sany0159

Sany0160




  
夏!な感じですね。
今年は 何回見られるかな~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは アホな話じゃ済まされないと思う。

Nif_bor




ちょっと びっくりなニュースです。
http://news.livedoor.com/article/detail/4259167/
トランスフォーマーにあこがれて ガソリン飲むとは・・・

ピカチュウになって 2階から飛んだに似てますけども。

コワイのは その先。

“子供の頃は成績優秀で賢かったが、”
“500mlのペットボトル2本から3本分のガソリンを飲んでいる”
“簡単な足し算や引き算もできなくなったことについては、
ガソリンに含まれる鉛によって大脳が損傷を受け、
記憶力と理解力に著しいダメージが生じたと説明。”

ガソリンを飲むと 脳の障害になる と 言うこと。
肝臓かと思ったら 脳なんです。

石油から作られる化学物質は 脂肪の多いところに溜まりやすい。
脳は脂肪のかたまりとも言われる場所でして。
蓄積しやすい場所ではありますね。

色んなモノが 石油から加工されて製品化されます。
ガソリンは その一つ。
元を正せば石油。

実は こんな調査が始まります。
http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html

全国規模で 化学物質が子供に与える影響を調査です。
しかも 胎児から12歳まで。

化学物質の被爆で影響があると言われる病気はいくつもあります。
http://www.env.go.jp/chemi/ceh/background/document.html


大きな規模でやるって事は 「ありませんでした」は
ないでしょう。

実際に 小規模では 始まっていて 結果も出てます。
これが どういう事を指すのか。


彼の場合 飲んじゃいましたからね。
食べ物は 胃などを通り 必要な栄養分が血中に入り 
様々な場所に運ばれていきます。
化学物質は体から出ない と言うことは 覚えておいた方が良い。
そうじゃなければ 脳の機能低下には ならないでしょう。

空気で吸うよりも まだ 良かったんじゃないかと思います。
脳へダイレクトだし 肺からすぐ血中に入りますし。
考えただけでも かなり危険。

「バカな子」と簡単に片づけられる事じゃないと思う。
飲んじゃったモノの影響が脳に出る
と 言うことを もっと重大な事と受け止めるべきでしょう。

生活必需品に 石油加工品が増える今
もっと考えて選ばなきゃいかん時が来ている。



シナリーが ついにCMを始めました。
http://www.sinary.jp/about/cm.html
山形放送で 放送しています。
インターネットで見られるようになりました。

「脱石油で、暮らす。」

今 精一杯の表現です。

このこと 真っ直ぐに受け止めて 
真っ直ぐに考える事が出来たら
世の中は 動くだろうと思います。

きっと 政治の力ではなく 私たち一人一人が 本当に変えた
と実感できる 世の中になるだろうと 思います。

そんな日が一日も早く来るように
私は 私の出来ることを 毎日続けていきましょ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日食

日食 見られませんでした。
セミナー真っ最中でしたもの 残念。

テレビでバンバンやってました。
インドに行きたい。
インドは確率高い気がした。
いいな~。

日食と言えば DECADACNE II。←ANDENDLESS病(笑)

マリウス テイラーに勝っちゃうかも?
的な発想が抜けません。(笑)

マリウス 好きなんだよね~。
義頼様の次に好きです。
うーん 歳三様も捨てがたい。(笑)

何の話や。sweat02

あの時代に テイラーは日食の事に気が付いてたなんて
すごいな~。
マジで 発見です。

「私は魔女だ!」
と 叫びたくなる日食。(笑)

次の日食に 私は生きているのかしら~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台『ひみつのアッコちゃん』 ネタバレ感想文

千秋楽を迎えたので 公開です。

7/11に観てきました『ひみつのアッコちゃん』

ストーリーは 
あの『ひみつのアッコちゃん』が映画化されることになり
全国オーディションを開催。
12万人の応募の中から アッコちゃんは 5人に絞られた。
そして 最終オーディションの内容は 
本人ではなく 親のオーディションだった。

オーディションで 親の想いをさぐる 監督をはじめとする制作陣。
最後に選ばれるのは・・・

ざっくり 書いたら こんな感じ。


親との対話から その子を想像しました。

一人目 東野恵恋(えれん)のママ歌織さん。
もしも アッコちゃんに抜擢されて 売れてしまい
2億というお金が入ってきたら 何をするか?
の問いに
「子供とおそろいの携帯を買う」
と 言った 今時の友達親子。
しかし お父さんの事は 忘れている。

お母さんと子供が 仲良し。
お父さんは やや お仕事人間。
な 事が思い浮かびます。

天真爛漫なんじゃない?って勝手思ってます。
誰にでもフレンドリーなタイプ。

都紀絵(恵恋ママ役)さんは とても笑顔が印象的でした。
オーディションの一人目と言うこともあり 
不安と期待の入り交じる人のはずが 割と楽しいのではないか?
と 思う表情。
すごく 素敵な方に出会いました。

二人目 鈴木心遙(こはる)のママ遙香さん。
クオーターの娘は 「美人ちゃん」で 幼稚園でも浮く。
「そんな彼女の居場所を作ってやりたい」と 言う母。
素敵なお話がありました。
幼稚園でのテストで 
「この絵の中に一つだけ違う絵があります。
違うモノに色を塗りなさい。」
例えば ○がたくさん書いてある中 一つだけ□みたいな。

「クオーターである彼女一人だけが違うから」 
色を塗ろうと言い出した子供達。
彼女は 自分だけ異色だと思われていた事にショックを受ける。
でもそれを 「□だけが特別だから」
と 笑顔で言いのけ □を切り取り壁に貼る母。
その“特別”を見いだすために 芸能活動をさせる母なんです。

すごいなって 思ったんです。
日本人って 同じにしてるのが好きでしょ。
制服とか 遊びとか 流行ると何でも流れていく。
みんなが同じ。
それを 平等と思う みたいな感じ。

個性豊かに と言いながら 同じ方が安心する。
人は そう言う生き物なのかも知れません。

川島令美(心遙ママ)さんは 
真っ直ぐ真が通った感じの印象。


3人目 水原舞愛(まいあ)のパパ学さん。
父登場。
小さい頃に離婚して 男手一つで育てている。
子供が「アッコちゃんになりたい」という夢を 
「やりたいなら やらせてやりたい」と 応援する父。

でも 心底 応援している訳じゃない。
人気者になると言うことは 敵も増える。
敵からの攻撃に 傷ついたらどうしよう。
傷つけたくない。
だったら 有名になることはないじゃないか。
と 思う父。

幼少の頃に離婚して会えない母にも 
元気な姿を見せたいという彼女に 
きっと 何か後ろめたい気持ちがあったんだろうと思います。

舞愛パパ(井上顕)さん
本音を隠して 子供を思い通りにやらせてやりたい
そんな気持ちが交差する表情だったのは 印象的。
とても 素敵な芝居だったのに あんまり残ってないんです。
申し訳ない。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
全部 次のママが持って行ってしまいました。


4人目 大河内幸音(しおん)のママ可奈さん。
小さい頃なりたくてもなれなかった想いをすべて 子供に託す母。

小さい頃に ミュージカル アニーを見に行き 
“アニーは私のための役だ” 
と 次のオーディションへと意気込む母@幼少
貧乏で 習い事もできなかった自分は 書類すら送れなかった。
この想いを “みんなをしあわせにしたい。どうすればいいの?”
と 言った娘に すべてを捧げる母。

ステージママですね。
彼女は 重たいモノを背負っている感じがしました。

幸音ママは くぼあつさんです。
美しの水のあの“くぼあつさん”
アニーの一説を 熱演です。
最終選考でやっちゃうんです。
「Tommorow」歌っちゃいます。
それが すばらしくて。
全部持って行ってしまいました。

5人目 藤井 不思議(はてな)のパパ隆之さん&ママ芙美子さん。
はじめて 両親で登場。
名前が 不思議と書いて「はてな」と読む。
880gだった 彼女が大きくなっていくのが不思議。
これから どんな子に育っていくのか不思議。
その不思議から “はてな”と命名です。
彼女は クラスやご近所の皆さんからも評判が良くて
たくさんの方が「はてなちゃんをアッコちゃんに」
と 署名をくれています。
両親の愛を注がれた子って感じがしました。

880gから 普通に育つというのは 奇跡に近い出来事。
一概には言えないけど「ああしていたら 違ったかも」は
みんな思うことなんじゃないかと思うんです。
自分を責めてしまうこと 運命を受け入れてるけど あると思うんです。
私も そう思う気持ちは 消えたことがないかも。
仕方がないことだと 受け入れているけど
後悔がない訳じゃない。
だから 今の仕事をしていると言っても良いくらい。

普通に生まれてきたら 愛を注げないか と 言われると
そうじゃないんだけど より一層 想いが募るのは あるかもしれない。

そんな愛を素直に吸い込んできたんじゃないかって思ったんです。
はてなちゃんは。

パパは 遠藤さんです。
美しの水で 湯浅宗重様だった 遠藤さん。
髭がなくて 一瞬え?って思いました。
いや さわやかなパパさんでした。
そして 愛があふれるパパでした。

ママは 鴻上久美子さん
先代のニャンちゅうのお姉さんです。
正直 仲良し夫婦がかわいい。
目がキラキラで 超可愛いです。
未熟児だった事を 悲しくなく語れる方です。
そう言うの大事だと思います。
悲しくなるなら 話すんじゃないって 思うんです。
乗り越えてきたから今がある。
そう思えるなら 語った方が良い。
同じ想いをする人たちの大きな力になると思います。

さて この5人の中から アッコちゃんを選ぶ訳です。
監督の一存で決めるんです。
誰になるのか。

なかなか答えのでない監督。
監督が悩んでいたのは 「誰に号泣が似合うか」

あの明るく元気なみんなの人気者アッコちゃんが号泣する絵。
どういう事ですか!?
と みんなが動揺します。

そこで 脚本家が 本当のストーリーを語ります。

アッコちゃんは クラスの人気者。
気になる女の子が アッコちゃんにはいました。
いつも友達の輪に入れずいる 同じクラスの女の子。

「テクマクマヤコン テクマクマヤコン」
コンパクトで変身するアッコちゃんは 女の子に変身します。
そして その気になる子に 言います。

「ねぇ 親友にならない?」

毎日彼女と過ごし 仲良くなっていくアッコちゃん。
でも いつまでもこのままを続けられないと 思ったアッコちゃんは
「海外へ引っ越ししてしまうので もう友達でいられない。」
と 言います。
当然 悲しむ彼女。
なのに 「ありがとう」を言う彼女。
彼女を見て 私は本当に良いことをしたのか。
コンパクトの力を使って 偶像の友達を作った事で 
彼女に悲しみを 与えたんじゃないか。
自責の念に駆られる アッコちゃん。

アッコちゃんは お友達に囲まれる
普段の生活に戻ります。
いつも 遠巻きから見ていた彼女が言います。

「ねぇ 仲間に入れてくれない?
私に 友達の大切さを教えてくれた子がいるんだ。」

アッコちゃん達は 快く 彼女を迎え入れます。
私がやったことは間違いじゃなかった。
友達のいる大切さを分かってくれた彼女。
私の思いが 彼女に通じた。
そして アッコちゃんは 一人
“号泣する”

最後に 監督は一人を選びます。

そして 落選した女の子達に 素敵な手紙を送ります。
未来ある女の子達へ 素敵な笑顔の女性になれるようにと
願いが込められた 
未来のあなたへ と言う手紙。

感動でした。
きっと 落選したとしても あの手紙をもらった子たちは
落ちたことはちゃんと悲しんで
明日から前を向いて歩けるんじゃないかって
そう思いました。

岩城しずく監督役は 佐藤寛子さん。
ディケイドにもご出演だったようです。
下積みを経て メジャー監督の道を歩み始めた彼女。
主演を決めるという苦しい役所。
最後の一人芝居がとっても素敵でした。

高見沢優一役の宇佐美雅司さん。
アンドレの舞台とメトロで何度か観せて頂いてます。
とても スマートな印象だったんです 最初。
でも 本当のアッコちゃんのストーリーを語る時 熱かった。
私の中では 葬儀屋さん(メトロ)が
なかなか抜けなかったんですが 今回吹っ飛びました。


お芝居の中で アッコちゃんは 誰になったかは分かりません。
あなたなら誰にします?と問われているような そんなおしまい。

私が アッコちゃんにするなら・・・はてなちゃんかな。

このお芝居。
めちゃめちゃリアルなお話だと思ったんです。

今の子は 人間関係が希薄な気がしています。
簡単に絶交して 遊ばなくなったり
人の傷つくことを平気で言うし
周りの子が 輪をかけて言い
誰もフォローしなかったり。
本気でぶつかり合うことが ないのかも知れません。
なので「腹心の友」と呼べるような仲間がいない。
メル友だとか○○友だとか 括りがあって
その時々で 友達を変える。

大人も同じだけど 
人の心に踏み入ってまで仲良くなろうとしない。
それで いいのか?って
ドーンと胸に詰まされるお話でした。

私は どういう風に教えれば良いんだろうって思ったんです。
親友って呼べるほどの友達って 
どうやって作るって言えば良いんだろう。

どこまでが知り合いで 
どこからが友達で
どこからが親友なんだろ?

モノがあふれ 何でもある時代に生まれたのに
心が満たされていないんじゃないかと思う 現代っ子。
私は どうやって満たしてあげたら良いんだろうかと
そんなことを 思うのです。
答えはないけど。

『ひみつのアッコちゃん』 
今 この脚本で 映画化あるいは舞台化をして欲しいと思うくらい
続きが気になってます。

終わった後 いっぱい考えさせられる じんのさんの脚本です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ごめんね 忘れてしまった。

17日(金)は 村瀬君のお誕生日でした。

おめでとうございます!

楽しく充実した一年になりますように。


(*_ _)人ゴメンナサイ !
忘れちゃってたよ。sweat02


村瀬君 若いんだ。
そう 彼は 若かった。(笑)
おばちゃん びっくりした。


『戦国BASARA』ではですね ものすごく 声が響いていた。

『WORLDS』では 船長さんとシルヴァリス。

船長さんはですね すごく声が良いな~と思いました。
そして めちゃ似合ってた。
リーフレットを見た時
「なんで 一番若いのに・・・」って 思ったんだけど 納得。
似合うんだもん。(笑)

シルヴァリス 冷酷なヤツでした。
彼は 熱い役が似合うと思っていたら 冷酷なのも似合います。
めちゃめちゃ怖かったです。 

村瀬君の印象ってね 
『THE CRUISING GENTLEMEN』 WS公演のユアン。
すごく 似合ってて 大好きでした。
大きな声では言えませんが 殿よりユアンでした。(笑)

それから ダメなんか?と 言われるとそうじゃなくて。
殿は 彼を見てユアンを書いただろう って思います。
それほどピッタリだった と 言うことが言いたいのです。

小道具隊の優秀隊員です。
小道具作りが楽しくても 芝居もがんばって欲しい。

これから 楽しみな村瀬君です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

点検

車はHONDAが好き
メーカーはSONYが好き
劇場はAED ENDLESSが好き
ともこです。


車は HONDA車に乗っています。
私を“黒い弾丸”と呼ぶ人もいます。(笑)

そんな私の相棒は 秋に車検です。
事前点検って事で ショールームにいます。

ショールームのトイレは至れり尽くせりです。

うがい薬
絆創膏
あぶら取り紙
制汗剤
ハンドクリーム
女の子日必需品
まで 揃えてあります。

もちろん トイレはピカピカ。
大事ですね。


買い換えをオススメされましたが
7万キロを超えたので 乗り潰す所存。

そのためにも 点検は大切。
悪いところないといいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の喜びを 我が喜びとする

「人の喜びを 我が喜びとする」

今日 聞いてきた言葉です。

人は 人を幸せすることで 生きられる。
って 思うんです。

“情けは人のためならず”
って 言うじゃないですか。
巡り巡って 自分に返ってくる。
例えば 自分に利がないことであろうと
人のために 力を注げば
いつか 自分の所に帰ってくる。

人を幸せにすることが 自分の幸せだとしたら
生きていく事 そのものが 幸せになる
って 思うんですね。

人は 一人では生きていけない
人は人によって 生かされている
って 思うんです。

孤独を知ることは大事だと思うし
群れる事が 一番だとは思わないの。

一人でいることの寂しさも 仲間といることの楽しさも
どちらも 分かることの方が 大事だと思ってます。

遠く離れていようとも
いつも会えなくても
がんばるあなたを想うと
なんだか 私もがんばれる

そんな人間関係が築けたら 素敵だと思うんです。

たくさんの人に支えられて 私は今 生きている。
どんなお返しが出来るだろうか?
私が 大きく成長することが 
今まで支えてきてくれた人たちへの最大のお返しになる。

私の出来ることを 精一杯 やろう。
悔いのないようにやろう。

と 思った今日のお話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『西田マン』更新です

『西田マン』が更新です。
『戦国BASARA』が終わった と言うことで。

“毎日毎日満員の客席を眺めながら”

チケット争奪戦でしたもの。
ワタクシは チケットをGetするの 大変でした。

毎日700人の期待を背負った舞台だったんでしょうね。
計り知れないプレッシャーの毎日だったに違いないです。

でも 殿が 一番重圧を感じていたんじゃないか って思うんですよ。
「脚本・演出 西田大輔」ですから。
“西田って誰?”のアウェイの中
ゲームの世界観を壊さない舞台。

BASARAは “芝居”とは 書きません。
あえて。
ココ拘りたいので。


イケメン(アンサンブル)を ご紹介頂いた時
ファンドレは みんな 涙してたんじゃないかって思います。
「斬られる人にも 人生がある」
殿の努力が 報われたような そんな気がしました。


さて 新作
『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』

日本青年館 大ホール

すごく楽しみにしています。

だって 素敵なロマンス!
そして オリジナル脚本!

そして キャスティング。
一部 存じ上げませんが。(笑)

米倉利紀さんは 言わずと知れたシンガーさんです。
RENTで コリンズを好演。

『Switch』の小田井涼平さん。
『戦国BASARA』の濃姫:長澤奈央さん。

ドレメンから 
雅和さんと 良子さんと 洋二郎君と 佐久間さん。
西田作品に欠かせないドレメンさんです。

ミュージカルって ミュージカルって!!
どんなになるんですか?!

“期待しててください”
と 言う言葉 確かに頂いた。


このぶろぐ どうやら 
検索キーワード“西田大輔”で 引っかかって
見に来て頂いた方もいらっしゃるようです。
ありがとうございます。m(__)m

戦国BASARAで 西田さんに興味を持ったあなた!
あんなもんじゃないですよ 殿の実力は!
物語にこそ その才能は発揮される!
期待してて とまで 言って頂きました。
これは 絶対良いモノになる。
私の自信は 根拠あるよ。
ぜひ 足をお運びくださいませ。

殿~! ハードル上げときましたよ~♪(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『戦国BASARA』ネタバレ感想文

『戦国BASARA』千秋楽 おめでとうございます。
本当に 大きなけが人が出ないで 終われたことに 
ほっとしております。
ドレメンだけでなく 
誰もが笑って終われていたら良いな と思います。

私の感想はですね 西田大輔ファン目線ですから 
悪態ついてる部分も大ありです。
ムカつく事もあるかも知れませんので 読む方は覚悟のほどを。

殿率0%の脚本の理由も知ってますし 十分承知しています。
連日満席だった事は 事実であり ゲームの人気を感じます。 
だから 今回は これで良いと理解した。
次回があるならば 殿の色が出るような 
そんな本になりますように。
これは お祈りにも近いモノがある。(笑)

舞台の内容は ラスボスの信長まで みんなが戦っていくのです。
主人公は 伊達政宗と真田幸村。

ゲームから 飛び出したような完璧な衣装。
舞台で ゲームを表現な感じでした。
なので 殺陣ばっかりです。
 

幸村役の信和くんは 先週見た時 
「これで楽日まで行けますか?」
と 言うくらい槍を持つ手がフラフラ。
おばちゃん 心配するわ でした。
今日は 上手かった。
びっくりするくらい 槍の扱いが上手くなっている。
今日は 前の方で見せてもらったんだけど 
背中にアザができていて。
彼もまた一生懸命に 幸村を生きたんだろうって思いました。
今日も「おやがたさま」飲みでは 笑いを取ってました。
ひとつ 不思議なことが。
どうしてあんなに斬られているのに 
幸村は GAME OVER にならないんだろ。
 

独眼流の久保田くんは 殺陣が殿ちっくでした。
回って蹴る 回って蹴るが キレイだった。(笑)
「Let's Party」やら 「Here we go」やら 
長島か\(・_・)と 突っ込み入れてしまいそうな 
あの台詞もよくお似合いでした。

六刀には 笑わせてもらいましたけども。
あれね 再度出てきた時は 1本に見えるように 持ってるんだ!
って 今日分かった。(笑)
出方が 戦隊ショーも びっくりでした。
捌けたと思ったら 六刀を持って登場でしたから。

スカイシアターでは みんなが窮地に立つと
「みんな応援して!」
の声に 小さなお友達も 大きなお友達も
「がんばれ~!」って 声援をします。
すると 変身して帰ってくるんです。(笑)
それを 思い出しました。

かなり斬られて 弱ってきたと思ったら六刀が出てきて。
ウルトラマンのカラータイマーを思い出した私。
ヤバ目の時間になったら 色んな技出るじゃん。
あんな感じ。(笑)
全部ヒーローだわ。
 

小十郎の吉田くんは ぶっちゃけ 期待をしていなかった。
だって 「となりの~」だからさ。(笑)
殺陣やるのか~と。
それが びっくり。
殺陣も芝居も 上手くなってる!
思わず「上手になってて びっくりしちゃった」
と 演出家に言いました。(笑)
伊達飲みでは 上島竜平さんみたいになってましたけども。(笑)

 
佐助の洋二郎くんはね 超かっこ良かったの。
ゲームのキャラは知らないけれど 
幸村ピンチの時は 佐助が助けてくれます。
幸村が死なない理由は これか?(笑)
蘭丸との殺陣シーンは ホントに早くて すごかった。
手裏剣がね デカかったよ。
ものすごく。(笑)
相手との距離が いつもと違う殺陣なので どうなんでしょう?
やりやすかったのかな~ やりにくかったのかな~と。
大人気@洋二郎です。
女の子が いっぱい待ってたんだって。(笑)
見たかったな~ そのシーン。
これで 全国区の人気者になってください。
 

濃姫@長澤奈央さんは 
幼少の頃に人さらいにあって洗脳されたんじゃないですか?
と 思うくらいにですね 信長LOVEでした。
そして 信長との年の差を感じます。
全く 色気のない濃姫。足袋が白い靴下に見えるくらい。(笑)
罪のない人までも 信長の夢“天下布武”のために殺れる修羅だ
と 言うことを示したいのでしょうが ぺらいです。
ですが 暗転になっている場所にいる 窪寺くんが すごい形相でした。
見えなくても 役に入り込んでいる窪寺君は さすがです。

個人的に あのくだりは なくても良かった。
ぽっかり浮いています。
0%なら 徹底して0%でいいのよ 殿。
やりたいことは 分かるから。
私たちは 分かるから。
でも ここでやっても 伝わらないと思った。
だって そこを求めてる舞台じゃないと思うから。

動けて かわいい 長澤奈央さんでした。
信長も そばにいてもらいたいでしょう。
 

蘭丸@鯛造くんは すごく動ける方でした。
洋二郎くんとの殺陣は ホント 早い。
この二人は もっと戦うシーンがあると より面白いのに
って 思ったけど これ以上手数を入れたら 
重要なのかどうかも わからなくなる。(笑)
「蘭丸は子供じゃない」と言う子供でした。
前髪 かわいいと思います。
 

光秀の谷口くんは 変態でした。
変態という 褒め言葉。これって どうなの?ですけど そうなんです。
コイツは おもしろい役だろうと思われます。
変態をやることって 今後そんなにないと思います。(笑)
あの武器は 扱いが大変そうです。
よく似合ってた。(笑)
残念なのは キャスティング発表が遅かったこと。
一般発売で 千秋楽も売り切れた頃にだったから 
ファンの方で見られなかった方もいらっしゃる事でしょう。
個人的には お気の毒の言葉だけではすまされない と思います。
キャスティングが遅れたことは 紛れもない事実。
これを 謝罪しないのは 大企業か知らないが
気持ちのちっちぇえ会社だなって 個人的に思います。

信長の窪寺くんは ヒール役でした。
うん すばらしく 熱い人でした。
ゲームだと 目からビーム出るらしいですが 
自前で出てましたね。(笑)

差し入れするのに 私が一番に書いた言葉。
「言っとくけど 上総は 殿だけのものだから。」
です。(笑)
濃姫に 「上総介様」と 呼ばれるたびに違和感が。
「人間五十年」て舞っちゃったよ。
なんだか 複雑な気分でした。(笑)

あの衣装 あの剣 あの銃。
相当な重量があったはず なのに 斬ったり 飛んだり すごいの。
彼が 悪く見えるから みんなが際立つ。
やっぱり熱い人で 懸命に信長を生きてた。
すごい役者さんだなって 改めて思いました。

そして 忘れてならない ドレメン&JAEさん。
ドレメンしか 分からないので。
八巻さんと村瀬くんは 幸村軍
佐久間さんと一内くんが 伊達軍で 役をもらってました。

ドレメン&JAEさんには マイクがありません。
小劇場で鍛えた声で 響き渡ってました。
拍手を送りたいと思います。
諒太くんは やたら目に付きます。(笑)
50回くらいは 斬られたんじゃないかしら?
跳んだり 回転したり 何度も斬られては立ち上がる。

私 個人的に ピクミンって 呼んでました。
わ~って 出てきて わ~って 斬られていく。
団体で斬られ すぐ立ち上がる。
その辺りで ピクミンと勝手に命名。(笑)

主軸の役者さんの相手は すべて彼ら。
赤いハチマキ=幸村軍
青いハチマキ=伊達軍
黒いハチマキ=信長軍

ハチマキを取っ替え引っ替え 
必死に斬られる彼らを見て おばちゃんは 感動でした。
がんばってる彼らを追いかけてるので 
主軸はそっちのけです。

JAEさんは 殺陣がキレイなのは 当たり前なんですけど
“JAEさんが主役を斬ってもおかしくない”
と 思うほどのオーラを感じました。
奈落に落ちるの 久々に見ました。
スカイシアターでは何度か。
そのたびに「ひえ~!」と思ってました。
そして 今回も「ひえ~!」って思いました。

殺陣は すべてが西田さんです。
単純に この手数すげーな です。
作り上げた西田さんに拍手。

照明は 千田さんでした。
いつものごとく 素敵な照明です。
お気に入りは 蘭丸の矢が飛んでいく光。
あと 白黒。
最後の方で ステージは 赤の斑になるあの照明。

今回 映像って大事って思った 影さんの映像です。
橋が架かって「突破」だっけ?関しては 
え?パチンコ?って思ったんです。
殿 趣味の域入ってません?って。(笑)
本能寺が 時間が経つごとに燃えていく様も すごいな~って。
映像が ゲーム感を引き出してたんじゃないかな~って思います。

原作の小林プロデューサは BASARAの生みの親な方。
相当と思い入れがあるんじゃないかと思うんです。
そりゃそうだろうと 思います。
ぶっちゃけ 無名の脚本&演出家に 
大事はBASARAを任せられんだろと。
舞台で 別世界を創るのではなく ゲームをそのまま舞台化です。
オーダー通り率は どうなんでしょう?


うちの殿は やりよるでしょ。
期待以上の力を引き出せる魔法が使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台『戦国BASARA』千秋楽でした。

ネタバレする程の内容がない舞台ですが
後程 感想は書くとして。

千秋楽を無事に迎えました。
皆様 お疲れ様でした。
ケガなく終わりましたかね~。
みんな明日から休んでね。

今日は キャストご挨拶も長くて。

西田さんも呼ばれて 舞台に立ったんです。

なんだか それだけで涙が出てきました。

ずっと 舞台に立つ殿が見たかった。
ただ それだけ。

でね
「切られ役を1人ずつ紹介させてください。」
って ドレメンとJAEさんを1人ずつ紹介してくれました。

「ありがとうございました。」
って挨拶するドレメンの皆さん。

すごく うれしくて。
かっこいい事するな 殿。
って 涙が止まりませんでした。

こう言うところが好きなの。

それから また舞台で遊んだらしい。
殿が 覆面の人になってたらしい。
思い返すと あれは殿かも?な人がいたと言えばいた~。(笑)

てかね 役者@西田大輔に餓えてるファンとしてはね
出るなら教えてよ!
てか 分かるように出てよ!
って 思うのです。

私は 舞台の上の殿が好きなんだよ。
やってよ 芝居・・・って 思うから。

そんなこんなで
劇場出ても涙は止まらず 出会う方には びっくりされ。(笑)

本当の事を言うと 「もう舞台に出ないんじゃないか」
と言う不安に駆られることもあるのです。
一番舞台の上で輝く人なのに 
光を放つことを止めちゃうのかと。
「信じて待ってる」 と言いながら不安にフタをしている感じ。

だから 遊びであろうが 舞台に上がってくれることは
うれしい。
でも 見つけられなかったことは 悔しい。
出られない現状に 悔しさは増します。

これは あれね。
舞台感想じゃなくて 殿の感想だね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

舞台『ひみつのアッコちゃん』を観てきました。

今日は お友達からお誘い頂きまして 江古田ストアハウス ラスト公演の
『ひみつのアッコちゃん』
を観てきました。

じんのさんの脚本はメトロで何度か観てますが 長編は初めてでした。

来週までやるから ネタバレは 書かないけど 千秋楽を過ぎたら 書きます。

きっと 皆さんと目線が違う事を書くかも。
すごく 考えさせられるお話でした。

来週末までやってます。
お時間ある方は ぜひ。 (^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日です。

今日は 洋二郎君のお誕生日です。

おめでと!

楽しく充実した一年になりますように。

ギルティは 苦悩する顔が 似合うなと思って
水夫長 かっこいいー! って思ってたんです。
まさか パイプが震えるほどとは 驚きです。

私のイメージ的には ギルティな洋二郎君です。
ポジション的にも とっても 重要ポジ。
苦悩する日々なんだろうと思います。

時々 殿と同じ動きをします。
似てるなって よく思います。
今回ね 殺陣が 殿ちっく。(笑)

さて 本番中の洋二郎君です。
「戦国BASARA」では 佐助です。

えっとね 開演前は
「誰?村田洋二郎って?」
てな 声を耳にすることもあるんです。

「うちのイケメン俳優ですけど なにか。annoy
と 言いそうになります。(笑)

ですが 終演後
「佐助 超かっこ良かった!heart02
てな 声を耳にします。

「でしょnoteうちのイケメン やりよるんです。happy02
と 言いそうになります。(笑)

コラッ!何目線じゃ。\(・_・)

ホント ケガには気を付けて欲しい。
次も決まってるんだから。

ここで大ブレイクかも知れません。(笑)
三十路手前で 大ブレイクです。
洋二郎くんは 埼玉の人気者から 全国区の人気者に。
がんばれ 洋二郎!


私 書く時に 「洋次郎」とよく書き間違えます。
ごめんね。

次男の“じ”って覚えてるのが良くなかった。
二番目の“に”って覚えることにします。
でも なんか 微妙じゃない?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稽古場日記に ごあいさつがアップされました。

稽古場日記に 終演のごあいさつが UPされてます。
コチラ

読みながら 思い返して ジーン ときてしまいました。

うるうるしながら 読みました。

愛してるよ~。
って 叫びたくなる2つの作品。

ここには確かに愛がある。

演じる皆さんの愛が詰まっていて
スタッフ皆さんの愛が詰まっていて
客席の愛も詰まっています。

シェイクスピアさんも お喜びのことと思われます。
また 出会えると良いなと思う物語。
いつか また 会いたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王子の回復力

骨折王子ですが(笑)
順調に回復しております。

え~っと 骨を固定するために 針金が刺さっておりました。

Ca3a0595_3

 


 

なかなか 恐ろしい写真ですが 記念に。(笑)
4~6週はこのまま と言われて 5週目に取ることになりました。

先週の終わりに 先生から
「そろそろ抜きましょうか」
の言葉が出まして 王子は貧血を起こしました。(笑)
なんですか この肝の小ささは!
毎晩 思い出しては「痛いかな~ イヤだな~」を連発。

そして今日も いつものようにレントゲンからスタート。
待合室でも普通にしていましたが 呼ばれて中にはいると。

「今日は 覚悟してきた?」
と 先生から カウンター入りました。(笑)

「泣いても(針金)抜くから」
と 宣告されまして。

いつもなら 椅子での処置ですが 今日は ベッドにて処置です。

「無菌ペンチ出して」

ペンチに無菌があるようです。
針金にペンチ・・・ かなり 大工な整形外科。(笑)

いよいよ「抜くぞ」という時になって

「痛いから このままでもいい!!」
と 王子は叫んでました。

いやいや。sweat02
そのままでは あかんやろ。coldsweats01

「それじゃ 治らないじゃん」
と 先生に言われておりました。

針金を入れる時は 全身麻酔にて入れるんですけど
抜く時って 麻酔なしなんです。

先生は ペンチで針金を挟むと スパッと抜きました。
早業。

「ぎゃ~!!イタイ~! もうやめて!」
と 涙の湖が。

2本目は 掴むのにちょっと手間取った先生ですが
スパッと抜いてくれました。

で やっぱり 血が出るので 看護婦さんが止血してくれてたんですが
「痛いから押さえないでよ!!」
と 号泣でした。

いやいや 押さえないと血が止まらないよ。coldsweats01

なんとか 血も止まり ガーゼを当てて シーレをして 包帯ぐるぐる。

「持って帰ります?」
と 針金頂きました。
とりあえず 写真撮りたかったので もらってきました。
結構長いのが 入ってましたね。

Ca3a0615




 
 
相当痛かったらしいです。
生きてきた中で 一番痛いって言ってましたが 
骨折した時と どちらが痛いか って話です。(笑)

大暴れにはならずでしたが 大騒ぎでした。

もう3日もすると 傷口もシャワーで流して良いそうです。
良かった。

しかしね なんで こんなに痛いのに弱いのか。
大げさなヤツです。

で うちの相方の事を思い出しました。
十二指腸潰瘍で入院した時のこと 胃カメラ飲むのに 
全身麻酔した事を思い出しました。
2回飲んだんだけど 1度目は局部麻酔で 辛かったらしいです。
「全身麻酔なんてお金がもったいない」
と 言いましたが
2回目は 全身麻酔をお願いした相方。
・・・
どんだけ ビビリやねん!

あ~あ DNAだね。sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』の出演者訂正

訂正です。

平さんの ご出演はないようです。

だって 6日は 上野野音にて 「別冊UTAKAI」なんだもん。
そりゃ 無理な話だ。

って 事で
小田井涼平さん
ご出演です。


涼平さんと言えば・・・ヤスコで殿と競演。
そして 「Switch」で あの怪しげな役を好演されてました。

e+からのメールは 情報が古かったのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』情報

プレオーダーのお知らせが e+からまいりました。

http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002031148P0050001P006001P0030001


プレオーダー:7/9(木) 12:00 ~ 7/10(金) 18:00

一般発売日 :7/12(日)10:00

公演名   :ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット

会場:日本青年館ホール

公演スケジュール
9/ 5(土) 19:00~
9/ 6(日) 14:00~
       19:00~
9/ 7(月) 19:00~
9/ 8(火) 19:00~
9/ 9(水) 19:00~
9/10(木) 19:00~
9/11(金) 19:00~
9/12(土) 13:00~
       17:30~

演出・脚本:西田大輔

出演:米倉利紀/椿姫彩菜/長澤奈央/有村実樹/山本優希/
   大野哲生/平義隆/小牧祥子/田中良子村田雅和
   佐久間祐人村田洋二郎/ほか

良子さんと雅和さんと佐久間さんと洋二郎くん 
ご出演決定しています。
洋二郎くんは BASARAに引き続き。
他に たくさんのドレメンが入れます様に

そして 平さん!
平さんだよ~!

米倉さんと平さん・・・・
って事は 歌いますよね?

俄然 楽しみになってきました。

できれば 雅和さんは ご遠慮願いたい・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「西田マン」が更新です。7/5

「西田マン」 更新されました。

初日と昼夜公演を終了しての更新です。

役者さんとドレメンとJAEさんの事。

チームBASARAは 演出家をはじめ 
たくさんの方が関わっていらっしゃるんだろうと思います。

受付でも 見かけましたし。(笑)

舞台って 人の輪の力を感じます。
ひとつに向かって みんなが真摯に走っている感じ。
一ステージを 全身全霊で走り続ける。
人って すごいな。
チーム力って すごいな。
舞台って そこが感じられて 大好きです。


殺陣は あれだけの手数。
お稽古 それで終わったんじゃないですか?
と 言うくらい殺陣ですもの。

ゲームを存じ上げませんが 
きっと ゲームに忠実にできておるのだろう と。
そんな役者陣の演技。


JAEさんとドレメン。
いっぱい いっぱい 吸収するモノがあるだろ と。

次の本公演が 楽しみだな~って。
ぜひ 殺陣の入る物語にしてください。(笑)


カーテンコールで 拍手している時 一番幸せかも知れないな~。
やりきった人たちの顔を見るのが好きなのです。

幕は開いたばかりです。
本当に ケガのないように。
祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「戦国BASARA」を見てきました。

本日 my初日です。

西田率0%の脚本もこれで2本目。
大丈夫。
外部に関しては 文句言わない。

ゲームなだけに 戦ってました~。
かなりお疲れ様なのでは? と思います。

あんなに殺陣入れて みんな千秋楽まで大丈夫なのかしら?
とにかく 大きなケガなく 無事に千秋楽迎えられます様に。

ドレメンは斬られてたね~。
惨殺です。

主軸役者さんは マイク付き。
ドレメンは 小劇場根性で 頑張ってた。
拍手~!
主軸よりも ドレメン誰が出ているか?の方が気になりました。


Gロッソは 満席でした。
満席なのは  とっても複雑な心境です。
なぜ こっちが満席なんだ…

“やってもらいたい事”と “満席にする事”は違うんだ
って事を痛感します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免疫力

公開リハがあったそうです。>戦国BASARA

http://news.walkerplus.com/2009/0702/71/

ここに個人の写真が上がってます。
お!全員写ってるのに 殿がいる。
わーい!
元気そうで なによりです。

リハできたって事は できあがったんだ。
初日 余裕じゃないですか。
やりましたね 殿。

えっとね えっとね・・・
先にビジュアル見ておいて良かったかも。
個人的に「となり~」の再来だったから。

明日は いよいよ初日です。
皆様 お怪我のないように 千秋楽まで おきばりやす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たけ&Kunoaさん家でご飯を食べる会

日曜日に たけさん&Kunoa家で ご飯会でした。

ともこ家も混ぜて頂きました。

ご飯メニューの 写真をアップ。
なすびがね バリうまっ!でした。
あれなら できるかもしれん。(笑)
通称「赤富士鍋」蒸し物をするトルコだっけのお鍋ですって。 Ca3a0598 Ca3a0599 Ca3a0600 Ca3a0603 Ca3a0604 Ca3a0605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月

2009年 もう半年が過ぎちゃいました。

恐ろしく日々が過ぎていきます。

大丈夫か!>私
と 思う訳です。

不安や心細さ
これはね いつもありますけど

顔に出さない。
口から出さない。

言霊って言うんです。
言葉には 魂がのるんだよ。
だから 出さない。


信じると決めた 道だから
信じると決めた 仲間だから
なによりも 
信じると決めたのは 私だから。

突っ走らなければ 間に合わない。
がんばりますよ~!!

7月はじまりの日に   ともこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »