« 『爾汝の社 再来』を観てきました。 | トップページ | 『今度は愛妻家」』を観たのだ »

『爾汝の社 再来』ネタバレ感想文

『爾汝の社 再来』昨日千秋楽です。
お疲れ様でした。

今回 良子さんのお芝居だと言うのに スケジュールが合わなくて
シャッフルしか 観られませんでした。
きっと 女組で観たら 話が分かっただろう~ なんて。

リーフレットの脚本家さんのお話も おもしろかったです。
あれ読んで 男組と女組の理由が
ちょっと分かった気がしました。

ストーリーをざっくりと。

舞台は 吉原“くるり籠”
捨て子の光子がひばりに拾われてくる事から始まります。
くるり籠の遊女は みんな鳥の名前です。
だってくるり“籠”だからね。
個性的な遊女の皆様。
・花魁のくじゃく
・つばめ
・かもめ
・みみずく
・たんちょう
・すずめ
・ぬえ
・いんこ
光子は“もず”の名前を貰い 下働きを始めます。
名前をつけたのは かかさま(湯ばぁばのイメージ)
それと 幽霊のとんび。
とんびはいんこのお母さんなのです。
廓から出してもらえなかった恨みを持つ幽霊さんです。
いんこだけは 自由に空を飛ばせてやりたいと
死んでも死にきれない幽霊さん。
光子改めもずに とりついちゃいます。
あと 原宿でスカウトされたと言う「原宿フォー!」のめじろ。

遊女たちの日常をコミカルに描いた
ドタバタ劇と言っていいでしょう。(笑)

ぬえは おはりこさんになりたくて
たんちょうは 病気で
めじろは 忍者。
めじろは くじゃくの命を狙いに潜入なんです。
くじゃくは どこかの殿の落し胤なんです。
なので狙われた訳ですが めじろの命を助けるために
くじゃくは 廓から旅立ちます。
籠から出られたの。

ひばりは どこかのお妾さんになって 廓から出ていきます。
もずは ひばりを頼りにしていたんだけど 
置いていかれちゃったんだよ。
で かもめが「私がお母さんになってやる」
って 言ってくれるのです。
かもめは 漁師の妻だったけど 借金の方に売られました。
で もうすぐ完済と言うところで 新たに借金の方にされたかもめ。
かもめが 夫に刺されます。
もずは かもめが死んだと思って 空っぽになります。

そこで 幽霊@とんびが乗っ取っちゃうの。
火をつけちゃうんです。
くるり籠は燃えてしまいます。

かかさまは 忘れ物をした と 中へ戻ります。
とんびに捕まっちゃうかかさま。
二人で 「久しぶりだね」と 酒を飲みながら 燃え尽きます。

焼け出された遊女たち。
振り向かず 前を向き歩きだす。

ってところが 物語として残ってます。
あとは もっと観た方に聞いておくれ~。(笑)

シャッフルB~
全体的に~ 吉本新喜劇を思い出す感じでした。
おもしろかったです。
単純に。
きっと 男組は 容姿的にもっと笑えただろうな~。

ひばりさんの声が 歌のお姉さんかと思った。
字を教えるくだり~ 大好きです。

あとね~ かかさま。
かかさま 素敵だった。
最初は 廓に閉じ込めてお金を儲けるだけの人かと思ったの。
でもね ちゃんと外へ出してやれる子は 離してやるのを見て
とんびさんはなぜ出さなかったのか?
ってのか 分かんなかったんですね。
10人のうちの3人は出られないと言う遊女。
とんびさんは その一人だったのかな~。

分からなかったのは なぜ 火をつけちゃったのか?
もずは どんな事しても生きるんだ
って象徴じゃないかと思ったんですけど
やっぱり 心の弱い人っていうのの象徴なのかな~。
自分の父親に 焼き殺されそうになり 火がコワいはずの
もずが 火をつけちゃう。
やっぱり とんびに乗っ取られたって事なのかな~。

めじろちゃんの登場シーン「原宿フォー!」
かわいいかった。
無条件でかわいいかった。

えっとですね 完全に良子ちゃん中心に観てるので
すっとばしてるところも多々ありですが。

くじゃくさんは とっても 凛々しいです。
良子さんのね 姿勢がとてもキレイ。
花魁の名に恥じないパリッとした性格。
男前なんですよ。

最後の台詞が くじゃくさんなの。
すごく 素敵でした。
さすが 良子ちゃんでした。
良子ちゃんのファンな私は正解だと思いました。

良子ちゃんは きらりと光ってました。
きらりんです。
やっぱり 良子ちゃんは すげー女優さんだ。
大好きだ~!←告白

それとね~
色々お芝居観たりですね あるんですけど
西田さんの本と演出が大好きなんだって 改めて思ったんです。
殿は 天才だな~ と。
結局は 惚れていることの確認してしまいます。(笑)
あ~ 早く 会いたい。



|

« 『爾汝の社 再来』を観てきました。 | トップページ | 『今度は愛妻家」』を観たのだ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/47407113

この記事へのトラックバック一覧です: 『爾汝の社 再来』ネタバレ感想文:

« 『爾汝の社 再来』を観てきました。 | トップページ | 『今度は愛妻家」』を観たのだ »