« 『枯れるやま のたりのたりと まほろばよ あぁ悲しかろ あぁ咲かしたろ』千秋楽 | トップページ | レポしなくても »

『枯れるやまあ のたりのたりと』トークショー ネタバレレポ

これって 書いていいんだろうか。
と 思いつつ 書いてまいました。(笑)
さて トークショーです。
劇場さんが 劇場さんなんでね 見つからない事を祈って。

メインキャストさんが ひな壇芸人のように座らされまして。(笑)

まずは ゲストさんから 一言ずつ。
そして 主役の加藤さんから一言。
その日は 加藤さんのお父様 お母様もいらしゃってまして。
「靖久は 最後の台詞をもらいました」
と ご報告されてました。

その後 公演中の失敗を暴露。

一個目は ゲストの町田さん。
喉がヤバい感じだったのに 舞台が終わり 
加藤さんに誘われ飲みに行った町田さん。
「帰ろう」と言ったのに
「もう一杯だけ」
と 加藤さんに誘われ中野へ。
中野で降りたら なぜか カラオケに行ってしまい
加藤さんは 熱唱。
町田さんだって 歌わない訳がない って事で
次の日は 声が枯れていた。

次は 洋二郎くん。
洋二郎くんのは ぶろぐにも書かれてましたが
カミカミだったそうです。

「玄以 玄以!石川五右衛門を捕らえよ!
豊臣の名にかけて~」
(もうちょっと長かったと思う。)
これを
「玄以!」の後から カミカミ。
何を言ってるのか分からなくなり
言い直したにもかかわらず言えなかった と。
そして 走り去ったらしく。
玄以様は 「分かりました」
と 言ってくれたそうです。
物わかりの良い部下を持つ光成様です。(笑)

洋二郎くんは 「桜の森の満開の下」初演
でも噛んでおり・・・
「おそるべし!シアターX!」
って 言ってました。
いやいや 君の問題だよ。(笑)

そして 初日に 出トチった 大輔さん。
菘の手を取って
「この指はどうした?」
「秀吉に あの金ザルに」
ってくだり。
その前の前の場面で センターやや下手で
芝居をしている大輔さん。

暗転中に裏へ移動して 
京佳ちゃんの手を引いて
次の次の場面で出てくるはずが
次の場面で立っててしまった と。

その場面の前は 光秀様と茶々様のくだりがありまして。
なぜか 信長様と菘ちゃんまで出ていると言う
おもしろい図になってしまったようです。

初日だったので そう言う演出なんだと思っておりまして。
気にも留めなかったですが 気づくと酷い間違え様。(笑)

そして 伝説の男は 今回もやらかしてくれたらしく。

家康様が大阪城を訪れる場面。
信長様からもらった命よりも大事な家宝「愚朝の月」を
渡すところ。
(愚朝の月ってこれであってるか 分かんない)
手に持ってなくて あっちこっち探して 
首に巻いてきた事を 思い出すんだけど
首に巻いたのが 硬結びになって 解けなくなり
「悪いが手伝ってくれ」
と 秀吉様にお願いしたそうです。
一内くん この芝居 初めてのアドリブ。(笑)
その日を観た方に聞くと
秀吉様に頭を叩かれとったらしいです。
随分の時間がかかったようで。(笑)

そんなこんなのNG集で。
大爆笑でした。

その日 マチソワだったんですけども。
ソワレで あ~ このシーンか。
って 内心笑ってたりしました。

大輔さんの出トチは
光秀様や茶々様の事を思うと
あんなに緊迫しているのに
おもしろかっただろな~と。
暗転の中 こっそり笑ったのでした。(笑)

|

« 『枯れるやま のたりのたりと まほろばよ あぁ悲しかろ あぁ咲かしたろ』千秋楽 | トップページ | レポしなくても »

ANDENDLESS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/49037521

この記事へのトラックバック一覧です: 『枯れるやまあ のたりのたりと』トークショー ネタバレレポ:

« 『枯れるやま のたりのたりと まほろばよ あぁ悲しかろ あぁ咲かしたろ』千秋楽 | トップページ | レポしなくても »