« 腰痛おじさん | トップページ | 『ゆめゆめこのじ』@梟チーム ネタばれ感想文(長文) »

『ゆめゆめこのじ』@鶴チーム ネタばれ感想文(長文)

さてさて 今回は ボリュームありありです。
だって 4公演と同じだからさ。(笑)
感想文も 4つに分けますわよ。

同じ台詞は放たれる訳ですが 
受ける感じが違う不思議。
えっとね 鶴チームは フレッシュ!って感じ。

秋雪@沢井美優さん
おきれいです。
丸い障子から外を見ている 背中のラインが素敵です。
出雲との最後のシーンで お里の言葉が出るの。
すごく素敵だった。
雪解けを感じました。


出雲@八戸亮さん
方言での芝居って アンドレで初めてなんじゃないかしら?
パンフレットを見たら 青森の方なんですね。
ネイティブだ。
水狼花姉さんに かわいがられる様が好きです。

千秋楽は 廊主様が 乱入。
「出雲君 ぼくは誰でしょう」って・・・
ほんと すみません。
なんて事するんだ!って思いました。
でも niceな返し!
ふみ君も 見習いなさい~。


龍馬@岩崎くん
これに 一番びっくりしたの。
テンションの高い役に 岩崎君。
この配置(おいちじゃないよ)に へぇ~ってなりました。
おばちゃんは キャーキャーという目線で観られなくなっており
完全に「大きくなったな~」目線で 彼を見てしまっておりました。

今回ね 役者として 
ほんとに すごいな 岩崎君
って思って。
龍馬ってね 無茶苦茶そうで そうでないところがね 素敵なの。
梟チームが児島さんじゃないですか。
ぶっちゃけ ハードル高い感じがするんだけども。
飲まれることなく 岩崎君らしさがある龍馬であった事
それがね すごく素敵だな~って 思った。


おりょう@良子ちゃん
良子ちゃんは きっと おりょうが好きだと思う。(笑)
かわいい。
とにかく かわいい おりょうさんでした。
せごどんじゃなくても 私も 話を聞きますよ。
千秋楽の「おかあさ~ん」に大爆笑。
ええ やっぱり 助けてほしい時 
「お母さん」って言っちゃうね。(笑)
重ねて せごどんに ムチャぶりを。
「からの?up」の後の 佐久間さんの顔が おもしろ過ぎる。
秋雪と対面したときの「かわいい~crying
に 爆笑でした。
「あなた ごめんなさい。」のなんと かわいい事。
龍馬 早く謝れ!と 内心思ってました。(笑)

桂小五郎@洋二郎君
こごちゃんの ゴザ芸(これは芸になるのか?)
爆笑でした。
うまいこと入るやんかいさ。(笑)
ぶち切れの後の「カップルシート」に爆笑です。
鞘はマイクにも なるんだね。(笑)
千秋楽のはじけっぷりに おばちゃんは 大爆笑でした。
最近 眉間にシワな人が多かっただけに ギャップがね。
なにげに着替えがいっぱいある桂さんですが
ちゃんとした時の凛々しい感じ。
洋二郎君って 男前だな~と思います。

国のために 香梅太夫を 見捨ててしまう彼ですが
男の大義って なんだろか~。

香梅太夫@戸田比呂子さん
存じ上げませんで すみません。
きれいな方です。
ピンクのお花の飾りが ぴったりなお顔。
舞台は 初だったとか。初々しさ満載でした。
「あんたが言うと嫌味じゃない。」
うん その通り。

中岡@ふみ君
ふみ君 今回似合ってたんじゃないか~。
おばちゃん 高評価なんですが。
「あ やっちゃいました」
の笑顔がね ふみ君@中岡らしくて好き。
「俺も一緒に連れて行ってくれな。」
のくだりが 大好きです。

千秋楽は ご愁傷さまだったけども。(笑)
「まさか!」な登場に 中岡ではなく ふみ君だった。
そして「メンタル強く!」って ダメだしまで。(笑)
大人って 意地悪だ。(笑)

水狼花太夫@戸田佳世子さん
「遊女」が似合います。←褒めてるよ!
刀を持って追いかけてる時は 殺気を感じます。(笑)
「だって しょうがないじゃないか」
のくだりが大好きなのです。
小刀を見て 正気に戻る姉さんは たまらなく 切ない。

西郷隆盛@佐久間さん
微妙に髪型が変わってます。
雷様とか 四角とか 言われたい放題です。(笑)
鶴チームでは「がんばって ちょんまげ~!」
歌がツボでした。
せごどんの歌は 今日は何だろうと楽しみでした。

せごどんは 良い人です。
おりょうさんの勘違いに 輪をかけた勘違い。
龍馬を討つと決めた西郷さんも やっぱ 国のために。
なんだかな~ 仲良くやっちゃうって 難しいんだね。

中村半次郎@一内くん
半さんは 男前です。
せご兄のためなら なんでもやります。
「せご兄 国見えてるぞ!」
の台詞で 彼の想いが見えます。
私の注目株です。>一内くん
クールな男前が 似合います。
彼は 客演さんの しかも 美人と絡む事が多い。
アンドレのイケメン がんばりなさい。


土方様@窪寺君
アンドレは あれだね 
土方様=大輔さん なんじゃないかと思います。
そう言う感じ。
分かってもらえる?

大好きな演目です。
『ゆめゆめこのじ』
たぶん 3年前に書いた感想文でも
大輔さん 天才って 書いてるんじゃないかと思います。
だって 天才だから。

オリジナルとは 全く違うキャストで生きた世界は
青臭いところが いい。
そう言う印象。

さて 梟に続きますよ。

|

« 腰痛おじさん | トップページ | 『ゆめゆめこのじ』@梟チーム ネタばれ感想文(長文) »

ANDENDLESS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/50418872

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゆめゆめこのじ』@鶴チーム ネタばれ感想文(長文):

« 腰痛おじさん | トップページ | 『ゆめゆめこのじ』@梟チーム ネタばれ感想文(長文) »