« 節電の結果 | トップページ | 信頼の絆 »

子供達の世界は 大人の世界

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110414k0000m040137000c.html

子供達の世界は 大人の世界。

傷ついた子も 傷つけた子も どちらも 被害者。

元々ちょっと違うと 村八分になっちゃうような人種ですからね。
みんなちがって みんないい。by金子みすず
インターナショナルと言いつつも 
ちっともオープンにならない国ですな。

本当に知りたいと思う事は 報道しないのが日本。
情報操作がされていることは 
レベル7が発表されない事で バレてしまいました。 
こうなると万事が信じられないんだけど。

とかく今の政府は ダメだダメだと言われてますが 
原発は自民党が推進して こんなにいっぱい全国にあるんだよ。
使用済み燃料プールだって何年も 
「危険だ!」 
と 言う話が出ていたのに 
「まーまー」 と ここまで引っ張ってきたのは 
今まで政権持ってた人達じゃないか。
自民党さんは 政権取ったら どうにかしてくれんのかね?

かと言って 今の政府に指導力がるとは思ってないけどさ。
廃炉を前提にな援助を断り
なんとか残そうとか思ってたんじゃないの?
そのおかげで こんなにも たくさんの人が傷ついて
おまけに 子供達の心だって傷つけて
自然災害は どうしようもないけど
原発は 間違いなく人災。
政府の対応ミスだと思う。
ミスどころで済まされないくらいの損害ですが。
結局のところ 政治家なんて みんな同じ。
と 私は感じております。

輸出規制が どんどこと。
あっちもこっちも日本製品を輸入したくない国が山盛り。
世界から見れば 福島も千葉も東京も大阪も福岡も 
「Made in japan」 なんだよね。

こんなちっちゃい国でさ 
「福島のこの辺りは危険だけど ここなら平気」
って言われてもね。
そりゃ そうだと思います。
私たちは 何県出身だろうが「Japanese」
世界に出たら 福島の子と同じ対応を私たちも受けるんだよ。
大人の世界で こうなのだから 子供の世界だけ平等にしろ
ったってそうはいかないのは 当然。
いじめがなくならないのと同じです。

子供の放射線をあびて良い基準値も 
密かに引き上げられており 子供は20ミリシーベルト。
レントゲン100回分に相当するそうです。
以前の放射線従事者の基準は50ミリシーベルト。
今 250ミリシーベルトだけど。

お水も引き上げられてるのは たくさんの方が言ってますから 
ご存知方も多いと思います。

●世界の基準値
WHO基準      1ベクレル(Bq/L)
ドイツガス水道協会 0.5ベクレル(Bq/L)
アメリカの法令基準 0.111ベクレル(Bq/L) 

●日本の今の基準
大人  300ベクレル(Bq/L)
乳児 100ベクレル(Bq/L)

これで何を持って この数値を出してきたのか。
今までの基準値って なんだったの?
なぜ ドイツは0.5で 日本は300なの?
同じほ乳類で こんなに摂取量が違って 本当に安全なの?
日本は 今こうしないと パニックになるから
単純に引き上げしただけの事じゃないの?
と 思うのが 一庶民の気持ちです。

プルトニウムは食べても安全!
とか 言っちゃう国だけど 
科学的根拠とやらがるんじゃろ。と 思います。
私は 科学的根拠以上に心理的感情で 
世の中は回っていると思います。

大人が 心豊かでなければ 子供は人にやさしくなれないよ。 

情報は 知ることが大切。
どれが正しいか 自分で選択する事はとても大切。
その中で 噛み砕いて子供達に話すのが 大人の役目。
学校では教えてもらえない事だろうから 
家庭での指導で子供達は左右されます。

育てたように子は育つ。by相田みつを

子供は 大人の真似をします。
お母さんも お父さんも 身をもって教えてあげましょう。
あなたの一言で 子供は 考え方を持ってしまいます。
話し合って 自分自身の答えを考えても良いんじゃないか
と思います。
 

|

« 節電の結果 | トップページ | 信頼の絆 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/51398257

この記事へのトラックバック一覧です: 子供達の世界は 大人の世界:

« 節電の結果 | トップページ | 信頼の絆 »