« 共鳴する | トップページ | おしまい~ »

義経様の句

「後の世も また後の世も巡り逢へ そむ紫の 雲の上まで」

義経様の句です。

Redで
義経様は
弁慶の立ち往生の後
この句を詠み
泰衡を 笑顔で見つめながら
自害されます。
とても 悲しいんだけど。
彼の生き方は やさしく まっすぐだった。
ほんとに 義朝様と常盤様の血を引く人だと
そう想いました。

この句を想うと
生まれ変わっても 
また 出逢えるんじゃなかと思えるのです。

引き合う気がします。
あ 根拠ないですけど。(笑)


『美しの水』
受け取った想いが 違いました。

人には 縁と言うものがあると思います。
運命じゃないかって 
出逢いだったり 
たまに 勘違いだったり。(笑)
それでも ふれあうのだから
やっぱ なにか あるんだと思います。

また 出逢える。
そう信じています。

もう 2か月経つのか。
月日が経つのは 恐ろしく早く。

色んな想いを抱えながら
今を生きています。

|

« 共鳴する | トップページ | おしまい~ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92042/52674625

この記事へのトラックバック一覧です: 義経様の句:

« 共鳴する | トップページ | おしまい~ »